« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

学生の「コピペ」、大学も対策に本腰 -1-

 毎日新聞(10/30)から、
 大学で、学生の「コピペ」が猛威を振るっている。パソコン機能を悪用し、盗作も同然のリポートや論文を仕立て上げる学生が続出しているためだ。業を煮やした大学は、パソコンでコピペを検出するなどの対策に乗り出した。

 「コピペ」は、「コピー・アンド・ペースト」(複写と張り付け)の略だ。インタネット上に掲載されている文書や資料を、無断で複写して自らの論文やリポートに張り付け、他人の文章をさも自分が書いたように装い提出する。膨大なリポートから「コピペ」を見つけるには、それ相応のシステムが必要だ。

 ずらりと並んだパソコンの画面上で、めまぐるしく文字列が移り変わる。阪南大学(大阪府松原市)のPC実習室。花川典子教授(ソフトウエア工学)が、学生とともに開発した「コピペ検索システム」を見せてくれた。

 リポートや論文など学生の文章が、数あるインターネットサイトの表記と似ていないか自動的に調べるシステムだ。学内520台のパソコンが手分けをする形で、各リポートからキーワードを五つ抽出する。それが含まれるホームページを最も多い場合で310サイト開いてリポートと照合。コピペの疑いが強い部分を赤く表示する。

 花川教授はこの夏、7月に電子データとして提出された58科目5249点の期末リポートで実験を重ねたところ、12時間半ですべてを終えた。4割がコピペをした疑いがあることが判明した。「提出締め切り日の夜に、空いている学内のパソコンでリポートを処理すれば、翌日には各教員に結果を伝えられる。教員側の手間が大いに省けます」と教授は胸を張る。

 花川教授がシステムを開発に乗り出したのは5年前。学生のリポートや論文に、どこかで見かけた文章が目につくようになったからだ。中には、研究室の先輩にあたる学生の論文をコピペしたケースもあたという。

 「口調や語尾を言い換えても、単語や内容が一定程度以上重複すれば『疑いあり』と判定する一方、引用を明記した正しい手続きを経たものも引っかかるので、最後は教員が、許容限度を越えていないかどうかを判断することになります」と教授。システムは年明けから実際に使う予定だ。

 コピペの有無を自動的に調べるソフトもある。ソフトウエア開発会社「アンク」の商品「コピペルナー」だ。09年12月に発売し、10月までに170の大学・短大が購入。小・中・高校も購入した学校もあるという。

 同社に開発を提案した金沢工業大の杉光一成教授は「コピペしたのに自分で書いたと装うのは、カンニングと同様に悪質。若い世代ほどコピペに抵抗感がなく、こうした検出ソフトは必要です」と意義を話す。

 一方、学生の側はコピペをどう考えているのだろうか。金沢工業大の杉光教授は6月、上智・慶応・法政の3大学の学生を対象にアンケート(82人が回答)を実施した。それによると、コピペを使ってリポート、作文、論文を提出したことがある学生は全体の約4割。このうち4回以上行なったと答えた学生は半数を超えた。「良くないことだと思う」のは、経験者のうち半数強。「見つからなければ良い」が約3割、「良くないことと思わない」が1割強だった。

杉光教授は「一度コピペに頼ると、常習生が生じる可能性があるようだ。『良くないこと』『見つからなければ良い』という学生は、確信犯的にコピペをしている」と受け止めている。実際に、リポートや論文をコピペで片付けたことがある学生は‥‥‥。関西の大学の女子学生(3年)は屈託ない笑顔で打ち明ける。「コピペは私だけじゃなく、みんなやっていますよ。悪いことかもあいれないけれど、どう書こうか思いつかなければ仕方ない」と。東京都内の私立大の女子学生(2年)も悪びれない。「ばれたらやばいけど、たくさん学生がいるからきっと大丈夫」。まじめにやらなくてもいいの、と尋ねると「やれば自分のためになると言われても、ぴんときませんね」だ。

 別の男子大学院生は「自分の専攻では絶対にやらない」と断った上で「誰が書いても変わらないような話や自分の専門外のこおてゃ、コピペで済ませたことが何度もありますよ」。コピペは他人の著作権を侵害するおそれがあり、コピペをしない学生から見て厚生さを欠く行為だ。だが「常習者」からはそんな意識は感じられない。

《ここでも『みんなやっている・・・』が使われる。「みんな」とは言葉の厳格な意味では『一人残らず』を意味する。そのように考える人たちは、「みんな」やっていると、窃盗や、詐欺、裏切りなどの、普通人には「不正」と意識するものでも、躊躇いもなく「みんな」やっているからと実行することができるのか。「赤信号みんなで渡れば怖くない」か。みんなと一緒と言えば罪は軽くなる、或いは、ずーずーしくも罪は消えるとでも考えているのだろうか。「大学全入時代」とはこのようなレベルの人間でも入って出ることができるのだ。》

 《このような連中が、次から次に就活で企業を受けまくる。だが、受けても受けても採用されない。他人の褌で相撲を取る、自分の頭で考えることもしない、或いは出来ない人間たちには決して企業の面接担当官は目もくれない。相対する人間から、秘めていれば発するその人のインテリジェンスは、多くを語らなくても面接官には伝わるものだ。不採用となった結果は、自己反省もなく、企業への、或いは社会への、愚痴や恨み言をくどくどと喋りだす部類の人となる。》
                 ----  つづく  ---

| | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

公営団地 孤独死1191人

 毎日新聞(10/26)から、
 都道府県や政令市、県庁所在地の計98自治体が運営する公営団地で09年度に誰にもみとられることなく孤独死した人が少なくとも1191人で、このうち65歳以上の高齢者が879人と73・8%を占めていることが本紙の全国調査で分かった。これとは別に、UR(都市再生機構)団地で起きた65歳以上の孤独死472人を会わせると、1日に4人弱の高齢者が孤独死していることになる。

 厚生労働省や警察庁は孤独死の統計を取っていない。孤独死問題に詳しい北九州私立大の榎原真二教授によると、弱者救済の観点から「60歳以上の単身者」の入居を例外で認めているため高齢化し易いといわれる公営団地の孤独死の実態が明らかになるのは初めて。

 調査によると、98自治体の公営団地の総入居戸数は約143万戸で、全国の公営団地の総入居戸数(約179万戸)の約8割に当たる。65歳以上の孤独死者879人の内訳で最も多かったのは、東京都営の約400人(正確な人数は非公表、6万2000戸)。続いて大阪府営130人(2万6726戸)、神戸市営73人(1万4678戸)、名古屋市営42人(1万2591戸)、北九州市29人(7000戸)と大都市が上位を占めた。143万戸のうち、65歳以上の単身入居者は約25万8000戸で約18%。自治体別では、大津市(34・5%)、岐阜市(34・4%)、神戸市(31・7%)岡山市(30・7%)の順に高く、地方都市でも孤独死に直面している実情が浮き彫りになった。

 孤独死対策としては、自治会、民生委員らによる単身高齢者訪問や電話での安否確認、緊急通報の設置などの回答が目立った。「特に対策はない」と答えた新潟、山口、徳島の3県と大阪、松江の2市は孤独死の数だけでなく、65歳以上の単身世帯数も把握していなかった。

 楢原教授は「団地に住む高齢者は家族らが遠方にいるケースも多く、町内会など地縁組織の役割が重要。行政はきちんと実態を把握し、情報提供や助言などの支援が求められる」と指摘した。

 孤独死の数には、60歳以上の統計しかない横浜市(12人)、静岡県(9人)、北海道(6人)も含まれる。孤独死の定義は「自殺、事件を除き自室で誰にも看取られずに死亡」とした。

《長屋住まいや安アパートから、当時の高い競争率を競って当選し、やっと住むようになった公営住宅。しかし、家庭の団欒も子どもたちがひとり立ちするまでだ。その子どもたちが新世帯を持つということは、親を捨てることと同義語になった現代社会。その親たちは社会が看、世話することも当たり前と考える時代にもなった。そして親を捨てて新しく営み始める家庭に生まれた子どもたちも、生んだ親が育てるのではなく、社会が育てるという連鎖が起きている。働かなければ生活が苦しいとはいえ、現代日本人は、育ててくれた親の死も知らず、看取れないほどにも心寂しい民族になったのだろうか。》

| | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

携帯フィルタリング普及 停滞

 フィルタリングなど、保護者、親に自覚がない限り、クソの役にもたたないことは、ずっと指摘してきた。「うちの息子、娘に限って」の放任が、防ぎようのない犯罪の背景になっているのだ。売れればそれでいい業者の自主性など、信じる方が莫迦というものだ。

 毎日新聞(10/28)から、
 非出会い系サイトを利用する子どもが犯罪被害に遭うケースが多発している問題で、被害児童の約99%が携帯電話のフィルタリングサービスに加入していなかったことが警察庁の分析で分かった。サイトへのアクセす手段は約98%が携帯電話。フィルタリングの啓発強化を迫る分析結果になっている。

《フィルタリングは親が加入を承諾しなければ、子どもは興味があればどこにでも無制限にアクセスすることが可能だ。》

 非出会い系サイトの主なものは、会員同士でメッセージを交換したり、プロフィルを公開する機能を持つコミュニティーサイト。大手の運営会社3社には、それぞれ約2000万人のユーザーがいるとされる。

 警察庁が分析したのは、今年上半期(1〜6月)に非出会い系サイトを利用した児童(18歳未満)が被害に遭い、警察が検挙した730の事件。サイトにアクセスした手段が判明している被害児童は延べ671人で、うち携帯電話が659人(98・2%)、パソコンが12人(1・8%)だった。携帯電話の
フィルタリングサービスへの加入の有無が判明した児童は述べ609人。うち加入していたのは9人(1・5%)で、600人(98・5%)が非加入だった。被害者に関する分析では、サイト内で年齢を詐称していたケースが41・7%に上った。

 大手のサイト運営会社は、被害防止策として一定以上の年齢差のある会員にメッセージが送れないようにする利用制限を導入。また、サイトを審査する第三者機関が認定していない非出会い系サイトは、フィルタリング加入によってアクセス制限される。

 犯罪被害児童の約99%がフィルタリングサービスに非加入だったという警察庁の分析結果は、サイトの健全化を目指すネット業界に深刻な課題を投げかけている。携帯電話事業者はフィルタリング加入を契約時の原則とすることで普及に取り組んでいるが、保護者らのグループからは「店舗での説明は不十分だ」との声も上がっている。

《携帯電話による児童、子どもの被害報道は、昨日、今日に始まったことではない。子をもつ親なら、店の説明など聞くこともなく、子どもに携帯を持たせることの危険性は百も承知していなければ、保護監督責任者としては失格といってもいい。合い言葉のように「わが子を犯罪から守るため」といって逆に犯罪に巻き込まれる道具を与えているようなものだ。思春期のこどもたちが、異性への興味を持っても当然で、そのこと自体は健全とさえ言えるのだ。》

 「行きたいところへ連れて行ってあげる」。昨年秋、高校1年の女子生徒(15)と淫らな行為をしたとして東北地方の警察署に逮捕された男(23)は、そんな文句をメールで送り、女子生徒を誘い出していた。発端は18歳と年齢を偽りコミュニティーサイトでやり取りしたメッセージだった。調べに対し「わいせつ行為が目的だった」と供述。女子生徒は「話がしたくて会った」と話した。女子生徒の携帯はフィルタリングに加入していなかった。

《女子生徒は間違いなく異性を求めている。話がしたかっただけとの奇麗ごとは、後からなら幾らでも言える。話だけなら、不用心にわざわざ会いに行くこともない。》

 携帯電話業界がフィルタリング普及に本腰を入れる契機になったのは、09年4月施行の青少年インターネット環境整備法だ。同法は、携帯電話事業者などに対し、18歳未満が使う携帯電話についてフィルタリングの利用をインターネットサービス提供の条件とするよう義務づけている。これに基づき、点店頭で販売する際の「原則適用」の対応が広がった。

《「原則適用」には必ず「例外」も適用される。ただ、例外が被害児童の約99%もいるようでは「例外」ではなくなり、「通常」ということになり、「原則適用」の義務違反になる。》

 また携帯電話事業者は、「小学生向け」「中学生向け」など複数のフィルタリングサービスを用意し、利用者の希望に応じて個別のサイトのアクセス制限を解除するサービスも提供している。しかし、内閣府が今年4月に公表した保護者2000人対象の調査によると、携帯電話のフィルタリング利用率は小学生61・7%、中学生54・7%、高校生38・7%だった。同法は、保護者がフィルタリングを利用しないと申し出た場合は「原則適用」の例外とすることを認めている。これが普及停滞の一因になっているとの指摘もある。

 今年7〜9月、全国八つの地域の保護者グループなどが、計131カ所の携帯電話専売店や家電量販店を訪ね、フィルタリングの説明がどのようになされているかを調査した。店員が「原則加入」の説明をしていたのは42店、「穏やかに加入を誘導」したのは47店、「どちらでもいいですよ」との説明だったのは35店、「なくてもいいですよ」との説明は7店でみられたという。群馬県で調査した「ぐんま子どもセーフネット活動委員会」の委員長は「店員の認識不足に驚いた。店で誤った知識を与えられ、安心している親もいる。企業は店員の教育を徹底してほしい」と話している。

《認識不足に驚くのは親・や保護者の側だ。犯罪の道具に使われて、子どもが被害者になる報道はメディアが繰り返し報道している。自分の子の問題として理解していれば、携帯電話を持たせること自体に恐怖を覚えるのが当たり前だろう。それを店の説明不足として責めるとはモッテノホかだろう。》

 子どもの携帯電話利用に詳しい藤川大祐・千葉大教育学部教授は語る。「携帯を買い与える保護者が、子どもの希望を受け入れてフィルタリングを利用しないと申し出る例が多い。必要なサイトまで閲覧できなくなるので不便だ、という認識が根強いのも普及しない一因だ。携帯電話事業者には、フィルタリングに加入しないことで生じうる危険や、必要なサイトについて個別にアクセス制限を外すサービスがあることを丁寧に説明し、普及に努める責任がある。サイト運営会社は、個人別のメッセージを含めたサイト全体の監視の充実やユーザーの年齢に合わせた利用制限の対応が求められる。

《基本的に、持たせる必要のない小学生や中学生に持たせることが、犯罪の底辺を広げているのだ。時代が変わったとはいえ、携帯電話は少なくとも小・中学生の必需品ではない。また、責任を販売店の店員にかぶせないで、わが子の身を守りたいのなら、親・保護者自身が進んでフィルタリングサービスを義務として、加入したものでない限り子どもには持たせるべきではない。それが親の監督責任というものだ。》

| | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

吐き捨てガム

 毎日新聞(10/27)から、《》内は私見。
 《敗戦後と言っても既に60年以上になる。それまで道徳心に溢れ、マナーを守ることにかけては世界でも屈指の国民と思われていた。だがしかし、あの汚らしいガムという奴がアメリカGIとともに日本にやってきて以来、これほど日本人を道徳心のかけらも持たない民族に貶めたものはないだろう。道を歩きながら、乗物の中、ベンチの上、コンビニやスーパーの出入り口、昔は電柱の根本は犬が掛ける小便で汚れる場所だったが、現在は人を待つ間のタバコの吸い殻と、ガムの吐き捨ての場所となった。日本中の駅の階段を上下したわけではないが、少なくともこの年までに上り下りした駅の階段やホームには、踏みにじられて黒くなった吐き捨てられたガムがへばりついていない駅に出会ったことがない。おそらく日本中の駅の階段や線路上、駅舎内には、ところかまわずに吐き捨てられたガムは、至る所にへばりつき、見事なまでのまだら模様を見せつけているだろう。或いはシーズンになれば各地で行なわれるプロ野球、あのベンチでの選手たちのくちゃくちゃと動かす口と同時に音まで響いてくるようで吐き気を催す(アメリカ大リーグのベンチ内のくちゃくちゃ、ぺっ、ぺっ、は噛みタバコらしい)。私はもう30年以上も一粒、一枚のガムも口にしたことはないが、このように書く私とて、ガムを口にしたことがない訳ではない。初めて口にした時から最後に噛んだ時まで、1度も吐き捨てた記憶はない。包み紙をポケットに入れ、噛み終わると必ずそれに包んでゴミ箱に入れた。》

 《ガムを口にするまでの日本人は、歩きながら物を口にすることを恥ずべきこととして、ほとんどしていなかった。もちろん飲み物とて同じこと、公然とやっていたことといえば、歩きたばこぐらいだったろう。今ではパンあり、コロッケあり、アイスあり、果物ありで口に入れられる物は何でもありに近い状態だ。》

 この吐き捨てガムには数え切れないほどの細菌が含まれている、という記事が目についた。

 つくば国際大医療保健学部の熊田薫教授(食品衛生学)らが路上に吐き捨てられたガムを調べたところ、1グラム当り100万〜1000万個の細菌が検出された。28日の日本公衆衛生学会で発表し、マナー向上の啓発に役立てる。

 ガムはがしのボランティア活動をするNPO「環境まちづくりネット」(東京都新宿区、荻野善昭理事長)が共同調査した。ネットのメンバーは昨年5月以降、週1回、新宿・歌舞伎町の歩道でガムを採取。平均309個、198グラム採れたガムのうち、毎月5個のサンプルを食用油で溶かし培養して調べた。

 熊田教授によると、同量の唾液には通常、1億個前後の細菌が存在するため、ほとんどは捨てた人の口内にあった菌と見られる。熊田教授は「気温に関係なく毎回必ず細菌が確認された。細菌は路上では紫外線のため死滅するはず。ガムが紫外線を防いだのでは」と推定。「今後は菌の特定にも取り組みたい」としている。

 荻野理事長は「たばこの値上げに伴って禁煙のためガムを噛む人が増えているようだ。歩道の清掃は行政が関与しないケースがほとんど。公衆衛生上も問題と分かったからには、行政も対策に取り組むべきだ」と話している。

| | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

塾がキャリア教育に乗り出す

 毎日新聞(10/25)から、要約と 《 》内は私見。
 《少子化の波は塾の経営をも圧迫し始めているようだ。ベビーブームに乗って、次から次に生まれた塾だが、少子化で塾生が減れば塾も減ればいいのだが、なかなか淘汰には踏み切れないでいるようだ。この先、子どもを産みたくない女性の増えることが予測され、ますます少子化は急になる。今のまま塾が減らなければ子どもの数には限りがある。弱小塾でも際立った特色でもあれば人を集めることも可能だろうが、知恵のない塾の経営は破綻する以外にない。そこで咄嗟に思いついたのが大学でも取り組んでいる「将来の職業は」塾で学び考えるというキャリア教育のようだ。》

 塾がキャリア教育に乗り出している。子どもたちに将来の職業を意識させることで、勉強への意欲を高めるのが狙いだ。新たなサービスが登場する背景には少子化による塾業界の競争もある。

 首都圏で約50校を展開する進学塾「俊英官」(東京都板橋区)。8日の夜、受講する14人の中学生に、ホワイトボードに色んな職業の大人の写真を次々に写して見せ、講師が複数回答形式で興味のある仕事をマークさせた。

F1ドライバーを選んだ子に講師が問いかける。「企業はなぜ他一金を使ってF1に参入すると思う?」生徒は「宣伝のため」と答える。講師は「その通り」と言ったあと、「ただ、実際に現場で車を設計したり組み立てたりしている人たちは、きっと『おれが世界で1番速い車を作るんだ』と思って仕事しているはず。生き甲斐を持って働くというのは、そういうことなんです」と言う。

 「キャリアデザイン講座」と題したこの講義は、今年度から始まった。中学1年から3年生を対象に年間5〜6回、3年間で計17回を無料で開く。講座では具体的な職種やその職業に必要な資格、能力だけでなく、フリーターと正社員の違いや税金と社会保険制度など、幅広く社会の仕組みを学び、「働くこと」の意味を考えさせる。中学3年の男子生徒は「IT関係にも学校の先生にも興味がある。どうやったらなれるが分かって役に立った」と言う。

《好きだから、興味があるからだけで進路が決まるものではない。掃いて捨てるほどいるお笑い界、鳴かず飛ばずで芽が出なかったある1人が、野宿生活をしていたころの話を本にした途端に、億を超える印税を手にする幸運に恵まれた。芸人のセンスや文才よりも、哀れな苦労話が受けただけかも知れないが、折角のチャンスもその後は、お笑いがただ好きというだけで、やはり鳴かず飛ばずのままだ。好き、興味と才能は違う次元の問題だ。競馬の騎手に憧れても大男には無理。反対に格闘技が好きでも小男では・・・、となる。どのような職種にもそれに見合った適性というものがある。》

《好きこそものの上手なれ、ということだろうが、下手(へた)の横好き、ということと表裏一体だ。好き、興味、と出来るという可能性とは別のものだ。好きだけれど下手、足りない才能をどうすればいいのか、を学ぶことの方が人生には役に立つ。》

 受験には必ずしも直結しない講座を開く例は他にもある。
1_2
 首都圏の難関中学を目指す進学塾として有名な「SAPIX小学部」(東京都中央区)は、04年度から小学5年生を対象ににした有料の環境講座を年に6日開講しており、対象学年の塾生約5000人のうち4割弱が参加する。10年ほど前から目立つようになった理科実験教室は今や全国の進学塾の定番になった。
 こうした新たなサービスが次々に生まれる背景にあるのが、塾業界の競争激化だ。民間の調査会社「矢野経済研究所」によると、09年度の学習塾・予備校市場は前年度比2・6%減の約9000億円。02年度に比べると1割近く減少した。同研究所は、不況の影響で入塾時期を送らせたり、入塾自体をあきらめる家庭が増える一方で、生徒数確保のために値下げした塾が相次いだことが原因と分析する。業界側も「安売りだけでは早晩破綻する。勉強だけではない、付加価値のあるサービスを提供していかないと業界自体が生き残れなくなる」と危機感を深めている。

 進学塾大手の市進学院(東京都文京区)は旅行会社のJTBと組んで、幼稚園から小学4年生を対象に、田植えや地引き網、酪農などを親子で体験する月に1回の日帰りツアーを今年度から始めた。市進の田代社長は「嫌々塾に通っても、本人が勉強したいと思わなければ長続きしない。勉強が面白いと思わせるためには、大人の世界には楽しいことがたくさんあるということを見せて、知的好奇心を呼び起こす必要がある」と語る。

 塾に通う子どもたちに「勉強したい」と思わせねばならない状況について、受験業界に詳しい森上教育研究所(東京都)の森上所長は「『大学全入時代』を迎え、超難関校を目指す1部の子どもを除けば、受験のために勉強するというプレッシャーが成り立たなくなった。しかも、現在のように有名大学を卒業しても就職が難しい時代になると、有名大学合格が勉強のための動機になりづらくなった」と話している。

《今のままでは「大学全入時代」というのは単なる標語のようなものだ。何のために大学まで行くのか、社会へ出るためのトコロテンの通る道だからか。家庭にいては邪魔だからか。勉強とは何だ、問題はそこから考え直す必要がありそうだ。》

| | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

奨学金貸与基準を厳格化

 毎日新聞(10/25)から、
 文部科学省は日本学生支援機構を通じて行なっている大学・大学院の奨学金事業の貸与基準を、12年度をめどに厳格化する方針を決めた。家庭の實収入を貸与の判断材料とし、審査基準となる家庭の収入を「主たる家計支持者の所得」から「父母の総所得」に変更。不適切な申請を防止することで、学費負担に苦しんでいる学生に優先的に好条件の奨学金が渡るようにする。

 支援機構の奨学金には無利子の第1種と上限3%の有利子第2種があり、すべて貸与型。第2種は原則基準を満たす希望者全員に貸与されるが、第1種は貸与額が限定されている。10年度は全大学・大学院生292万7000人のうち118万人が貸与を受けた。09年度の総貸付金残高は6兆2337億円。要返還債権は4兆140億円に上っている。

 現在は主たる家計支持者の年間所得が、
   第1種は   951万円(私立大998万円)
   第2種は  1292万円( 同 1344万円)以下なら、
各校に割り当てられた定数内で貸与を受けられる。主たる家計支持者は父、母など所得のある家族1人を指定すればよい。

 しかし昨今の不況の影響もあり、奨学金を住宅ローン返済に回す保護者が確認され、父に貸与基準以上の所得があるにも拘らず低所得の母を家計支持者として貸与を受けるなど、「学問を志す苦学生に支援」という本来の趣旨を逸脱する事例が見られるようになった。文科省や支援機構にも苦情が寄せられ、厳格化を迫られた。

 資格審査が主たる家計支持者となったのは99年度。日本育英会(現日本学生支援機構)が原則、基準を満たす希望者全員に貸与するとしたため、申請者が急増。審査簡素化に迫られ、審査基準を家庭の総収入から1人の所得だけに緩和した。

 この結果、10年度の第2種の貸与者数は83万5000人で、98年度の約8倍に。貸与枠を拡大していない第1種は39万3000人から34万9000人とほぼ横這いだった。

 多くの申請者はまずは条件のいい第1種に申請するため、実際は基準を超える所得のある家庭の子どもが無利子で貸与を受けているケースがあるという。文科相省は新基準で実態に即した貸与を目指す。

《乏しい仕送りに、食うものもろくに食えず、働きながら下宿生活を支えて学んだ敗戦後の苦学生。もともとは彼らのような学生たちへの貸与が目的だった。時々故郷の母から送られてくる差し入れを手にし、公衆電話や寮の電話機に向かう。月に何度かの家族との会話だった。時代こそ移り変わったが、現在はそれぞれが携帯を手にし、ケータイがなければ「生きていけない」などと言い切る。そしてお茶をしながら、友人とのおしゃべりに、無駄話にと、どうでもいいような用途に貸付金が利用されるのだ。今時、苦学生の名に値するような学生がいるとは思えない。その上、借りたものを返さないリスクさえ発生している。この際だ、審査は厳格の上にも厳格にすればよい。》

 参照 奨学金延滞に回収強化 10/02

| | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

学童保育 初の事故統計と外電

 毎日新聞(10/23)から、
 ◉ 共働きや一人親家庭の小学生(おおむね10歳未満)を放課後に校内や児童館などで預かる「放課後児童クラブ」(学童保育)で3月23日から9月30日にかけ、児童1人が死亡し、104人が全治1カ月以上の大けがをしていたことが厚生労働省の調査でわかった。学童保育での事故実態を同省が一定期間、正式に集計し公表したのは初めて。

 同省によると、35都府県から報告があり、死亡したのは沖縄県内の1年女児。夏休み中、クラブに到着する直前、道路を横断中に車にはねられた。また、プールで泳いでいて溺れる(2年女児)、クラブのある2階の階段から転落(2年男児)の2人が意識不明になっていた。ほかに、骨折(93人)、歯が折れる(4人)などで102人が全治1カ月以上のケガ。学年別では1年生が50人と半数近く、2年生29人、3年生19人と低学年に集中している。事故原因は、遊具の使用39人、ボール遊び25人、子ども同士のふざけ合い12人などだった。


 一方、5月1日現在のクラブ数は1万9946カ所で、前年同期比で1467カ所増加。定員超過などで利用できなかった待機児童は8021人で、3年連続減。登録児童数は81万4439人で、前年同期比で6582人増えた。

 《厚労省は統計の数字をどのように活かそうと考えて調査をしたのだろうか。誰かの責任を問おうとしているのか、よくわからない。それに子どもの怪我など、学童保育であろうと、自宅だろうと、どこにいても発生することで驚くにあたらない。プールや海で溺れるのも、家族連れで親が近くにいても毎年幾らでも起っている。怪我をしながら元気に走り回っていた公園の遊具も、今では取り払われて遊ぶことも出来なくなっている。私が小学校に上がる以前、何度も転んで怪我をし血だらけになって1人、泣きながらでもマスターした自転車。未だに向こう脛に、蓋のないマンホールの角が食い込んだ痕が残っているが、祖母の手当だけで医院に行った記憶はない。泥遊びをすれば叱られ、軟弱に育てられる今の子どもたちとは比べ物にならない頑健さがあった。子ども同士がふざけ合い、嵩じて喧嘩になり殴り合い、怪我するのも成長の1段階、歯ぐらいは折れることだってある。ほんとうに、この統計を発表した目的は何だろう。》

 ◉ 【アルバ(イタリア北部)共同】
 21日に、お隣の国、韓国の未成年女子の過度な露出に対する人権侵害を取り上げたが、今日はヨーロッパはイタリア南部の、カステッランマーレ・ディ・スタビア市(ポンペイに近く、ナポリ湾に面し、ナポリとは対峙する位置にある町)のルイジ・ボッビオ市長は、女性が街なかでミニスカートや胸元が大きく開いた服を着ることを禁じる規則案を作り、25日から市議会で検討することを決めたことを、同国主要メディアが21日伝えた。市議会が同意し規則となれば、違反者には最大500ユーロ(約5万7000円)の罰金が科される。

 地元のカトリック教会は賛意を示したが、野党の女性市議会議員らは「女性の自由を束縛する」と猛反発、市議会前で座り込みなどを計画している。

 市長は男性で、規則案策定の理由について「(街の)品位を取り戻すため」と主張。尻の一部が見えてしまうほど腰の低い位置ではくジーンズの着用や、公共の公園でのサッカー、教会に対する侮辱の言葉も禁ずるとしている。同市の人口は約6万4000人。

 《嘆かわしい日本の女子高生の尻が見え隠れする卑猥な姿は何度も苦言を呈してきた。現代女性の露出癖は、洋の東西変わらないものと見える。》

| | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

行政の値札(埼玉)

 毎日新聞(10/20)から、
 19日の定例会見で上田清司知事は、県が提供する行政サービスにかかる経費を分かりやすく値段形式で表示する「行政の値札」を公表した。職員のコスト意識を向上させ、継続する事業の見直しに反映させるのが狙い。今回、子育てや産業など12分野の387事業を選定した。

 《コスト意識などとは今更の感じもするが、毎日をマンネリで事務的に処理していれば、コスト意識も薄れることだろう。企業のように利益を生まなければ経営破綻するというような緊迫感がないからだ。》

 県の10年度当初予算ベースの事業費に加えて、県職員の人件費、利用する施設の減価償却費を含めた「総コスト」を算出。さらにサービスごとの単価を県民1人当たりや利用者数で割り出した。

 保育所定員を1人分増やすコスト     =   170万円
 公立小中学校の児童・生徒1人の県コスト =   58万円
 県立高校生1人当たりの教育コスト    =   75万円
 休職者1人当たりの就業支援       =  8・2万円
 商品や契約のトラブル相談1件      =  1・1万円
 救急患者1人当たりの行政コスト     =   7600円
 特養ホーム定員1人分増やすコスト    =   320万円

 例えば、「救急患者1人当たりの行政コスト」は、救急救命センターなどの救急医療に係わる施設建設費や、ドクターヘリの運営事業費、国民健康保険の県費負担金のうち、救急医療体制にかかるコストを18億円と算出。そこから08年度の救急搬送者23万5508人で割ると、1人当たりで7600円かかる、とした。

 人材育成分野では、高等技術専門校の生徒1人当たり41万円だったが、農業大学校だと1人当たり88万円。企業誘致分野では立地した企業1件当りで2200万円だった。

 県改革推進課によると、事業ごとのコスト比較を行なうことで効率的な財政支出も徹底できるという。来年度予算編成でも活用するという。

 上田知事は会見で「コストを比較することで事業が適正な規模になっているかどうかも確認でき、費用対効果を考えた仕組みにするなど「事業)改革の一つの目安が出てくる」とメリットを強調した。

《今頃コストパフォーマンスとは遅きに失するが、政府の事業仕分けの影響でもあるのだろう。》

| | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

韓国 芸能界の実態調査へ

 本題に入る前に・・・。本日、羽田空港が国際空港として再スタートした。成田空港が1978年5月20日に開港してから32年振りに羽田に欧米などへの定期便が発着する。成田が開港の準備期、1976年9月に社用でヨーロッパに派遣され、北極圏経由で最初の地ハンブルクに降り立ったのも遠い昔になった。

 毎日新聞(10/21)から、
 《さて、しばしばブログでも取り上げてきたが、日本の未成年、若年タレントの青少年保護法との関連において、問題提起をしてきたが、海を挟んだ韓国でも未成年歌手の人権侵害の疑いが取り沙汰されているようだ。》

 韓国政府が未成年芸能人の人権侵害を防ぐため、芸能界の実態調査に乗り出す方針を明らかにした。韓国国会で最近、未成年の女性歌手が未明まで番組録音に参加したり、過度に露出した衣装で舞台に立つ実情に批判の声が上がっていた。

《この点では日本に比べ、余程韓国の方が健全のようだ。少なくとも、「これではいけない」の心情が見えるからだ。親(特に母親)までが血眼になっている日本では、幼稚園児が「キス」だの「ケッコン」だのを口にし、実際にキスをする姿を目にしても、えへらえへらで眺めるだけ。子どものことだから、なのだろうが、これが元で現在の日本の性モラルの喪失が生まれていることに思い至らないのだ。すぐに少女漫画、女性週刊誌の、男性も目を背けるような「エロ」ごとに嵌り込んでいくのだ。テレビには、尻の青いのも取れない年ごろから腰をくねらせ、尻を振り、ろくな歌も歌えないまま、露出度の限界を見せつけ、卑猥な踊りの真似を始める姿が、止めどなく流される。そして今のところ、注意を喚起する声すら聞いたこともない。逆に一攫千金をあてに母親たちは、子どもたちの尻を叩くのだ。》

《敗戦後間もない頃、生活のため新聞配達を余儀なくされた青少年たちも、今で言う虐待との解釈からできなくなったが、現在の若年タレントたちのテレビ出演などは、韓国と同様の人権問題を抱えているはずだ。》

 文化体育観光省は19日、芸能業界と共同で「芸能産業発展フォーラム」(仮称)を設立すると発表。芸能活動の定期的な実態調査を実施し、芸能人の人権保護に配慮した「標準契約書」発給や職業倫理に関するガイドラインを作成する方針を打出した。悪質な業者を締め出すため芸能プロダクションの登録制も導入する。

 韓国国会では18日、与党ハンナラ党議員が「テレビ番組を見て驚いた。未成年の歌手が扇情的な衣装で登場し踊っていた。収録が深夜や未明になることも多い」と指摘した。国会に出席したテレビ局社長は、未成年歌手の衣装や振り付け、収録時間に規制を設ける準備をしていると述べた。

 文化体育観光省の報道官によると、韓国でも未成年の深夜労働などは日本と同様、法律で禁じられている。しかし出演料をプロダクションと芸能人が分け合う形になり、両者の間に「雇用者」対「労働者」の関係が成立するかどうかが曖昧で、プロダクションが法規制の対象になるかどうかを巡って議論がある。このため、まずは業界の自主規制を促し、足りない部分は新たな法規制を検討するという。

 文化体育観光省のモチョルミン第1次官は「韓流ブームの原動力である芸能産業が質的改善により持続的な成長ができるよう対策を準備した」と語った。

《日本が「恥の文化」と言われたのは既に遠い遠い昔の話。恥も外聞もないのが韓国に遅れを取る当世日本の現実のようだ。》

| | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

続・山小屋のトイレに国の補助が

 毎日新聞(10/18)から、
 8月に取り上げたが(参照)その続編。
 Toilet_2 山岳地帯の屎尿処理のあり方が揺れている。トイレがない山では登山道周辺に排泄物が散乱し、トイレがあっても維持管理はボランティアや民間の山小屋頼りだ。国の補助も対象が限定されている。受益者負担の観点から「公費を出すべきではない」との議論もあるが、処置を放置すれば山の裸地化や水質の悪化を招く。山小屋トイレの現状はどうなっているのだろうか。

 「用を足してから登下山しましょう」。長野県・北アルプスの岳沢小屋で、山岳ガイドが登山者に呼びかけた。小屋は、上高地と穂高連峰を結ぶ要所にある。4年前、雪崩で全壊し、再建の際にトイレは約1600万円かけて7月、地上に排泄物を運搬できる「カートリッジ式」に建て替えられた。

 90年代後半、世界史全遺産登録を目指した富士山が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の関係者から「環境保全に問題がある」と指摘され、山の屎尿処理が注目された。当時、多くの山小屋が排泄物をそのまま地下に浸透させたり、埋め立て処分していた。

《若いころ、山登りをしていた私は、例えば富士山に登っても、頂上で昼食を取り、ミルクも飲み、その後下山するわけだが、排泄をしなくてもいいように、数日前から体調をコントロールし、そのため排泄する必要もなく往復していた。特に富士山は昔から山岳信仰の対象であり、「六根清浄」(“ろっこんしょうじょう”‥‥我欲などの六っの執着を断ち、魂を清らかな状態にすることで、登山の際にかけ声としても用いられた。)を唱えて登っていた。最近の決められたトイレまで用意されての登山では、極力それ以外の場所を汚さないようにすることは、登山者の最低限のマナーと心得るべきだろう。》

 事態を重く見た環境庁(当時)は99年、環境配慮型トイレの普及に向け補助制度を導入。カートリッジ式や微生物に分解を手伝わせるバイオトイレが広がった。最も補助を受けている自治体は、常念岳(2857メートル)を始め有名な山が多い長野県。09年度までに山小屋トイレ163カ所のうち、補助制度による38カ所を含めた109カ所が「垂れ流し」から環境配慮型になった。

 補助が出るのは1000万円以上の規模の大きい新設や改修に限定されている。それより小規模のトイレやその後の維持管理は所有者やボランティアに委ねられている。

 9月中旬、日本百名山の幌尻岳(北海道、2052メートル)の山小屋から、登山愛好家らで作る「日高山脈ファンクラブ」の21人が、一斗缶などに詰めた342キロの屎尿を担ぎ降ろした。登山口から車で公園に運び、ゴム手袋やマスク装備で浄化槽に捨てた。「においがきつい」と声が出る。屎尿が跳ねて、顔にかかることもある。

《田舎で少年時代を送った者には、畠の近くに2〜3畳ほどの大きさの深い肥溜めが設けられていたことを知っていよう。今では下肥(しもごえ)を畠に蒔く野菜栽培は無くなったが、お百姓には欠かせない「こやし」を溜める屎尿池だった。その当時のお百姓には失礼だが、その肥溜めの傍を通るだけで今にも鼻が曲がりそうなほどの悪臭が立ち籠めていたものだ。当時は柄杓で畠に蒔いたが、山のトイレの屎尿を入れた缶を背負って廃棄作業をするのは、思っても頭が下がる思いだ。何十年と我が家のトイレの掃除をしている私も、便器の手入れには手や顔、口にまで屎尿が跳ぶこともあるが、家族のものと思えばこそ我慢も出来るのだが。》

 人力の運搬は年2、3回。下山まで沢を10回以上渡り、高橋事務局長は「いつ事故が起きてもおかしくない状況」だという。小屋を所有する平取町に、ヘリコプターによる運搬を要請しているが、町の担当者は「1回200万円以上かかり、財政的に厳しい」と話す。

 年間3万人が訪れる北ア・涸沢カールにある「唐沢ヒュッテ」ではヘリコプターを使う。昨シーズンは20回の搬送を頼み、屎尿処理費や人件費、トイレットペーパー代も含め300万円弱かかった。山口孝社長は「客のチップだけで賄うのは難しい」と溜め息をつく。トイレがない山では、ボランティアが定期的に登山道周辺の排泄物を回収している。9月上旬、北海道の大雪山系ニセイカウシュッペ山の林で年1回の回収作業があり、排泄物やトイレットペーパーが散乱しているのが確認された。

《雑多な人間の集まるところでは、それこそ「たけし」ではないが、皆んなで破れば怖くない心理が働き、当たり前のようにマナーは失われる。スイス・レマン湖畔のトイレの凄まじいほどの汚れっぷりは、何度か取り上げたが、世界共通のことかも知れない。》

 愛甲哲也・北海道大准教授(園芸学・造園学)の調査では、大雪山系トムラウシ山の南沼夜営指定地で、植物の生えていない「裸地」が77年は約120並行メートルだったが、97年には1066平方メートルに拡大。登山者が用足しに踏み入ることと、垂れ流された排泄物が主な原因とみられる。

 屎尿は微生物によって分解されても窒素やリンが残る。高山植物にとって栄養過多の状態になり、成長し過ぎたり枯れたりして、生態系が壊れる。大便に含まれる大腸菌で、水源が汚染される恐れもあるという。

 トイレが整備されてもマナーが守られなければ環境悪化は止められず、関係者の間では「補助の継続は必要だが、受益者(登山者)も負担すべきだ」との意見が強い。NPO法人「山のECHO」(東京都港区)の上幸雄代表は「適正な額を議論したうえで、入山料に含めた徴収などを試行してはどうか」と提案する。

《山が山男だけの数で済んだ時代は終わった。性別も年齢もピンからキリまでが揃って山へ山へと金魚のフンか蟻の行列のように続く時代になった。垂れる糞尿も膨大なものになっている。もう垂れ流して済むことは許されないだろう。だがしかしだ、受益者負担で金をとれば、今度は「金を払っているんだから、これくらいいいだろう」を言う人間の数が、また「皆で垂れれば怖くない」と続くことになるだろうな。》

 愛甲准教授は、行政の役割について「携帯用トイレなど、入山者数などに応じたトイレのあり方がある。初期投資の補助だけでは不十分で、対策の前提として登山者数や環境への影響など基礎データを調査すべきだ」と指摘する。

《携帯トイレについては、私も以前のブログ(「富士山が糞尿まみれに」2008/08/02)で書いている。》

 

| | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

韓流映画って減ってるの?

 今から5年前、「ペ」が来日した時のニュースを聞いた時、(ペ・ヨンジュン来日 05/09)妻と交わし寸劇のような笑い話を書いてから今日まで、テレビドラマも、映画も全く興味のないままに、当時耳にした「ペ」以外の名前は知らないできた。その間には小母さまたちの、連れ立っての韓国旅行や、タレントの来日のたびに空港で、或いは劇場での異常なばか騒ぎは、嫌でも聞かされ、見せられてきた。

 毎日新聞(10/18)『なるほドリ』から、
 アンニョンハセヨ(こんにちは)! 今、韓流にはまってる。ドラマもK−POPも、目が離せないんだ。テレビでは地上波、BS、CSと毎日どこかで韓国ドラマを放送しているし、少女時代、KARA、超新星らポップスのアイドルグループも次々と日本上陸を果たしているね。

《こんにちは、も言えないし、K-POP、KARAも解らない。時々はテレビ画面から飛び込んでくる若い女の子たちが、ストリップ小屋のストリッパーよろしく日本のタレントと同じように、歌を聞かせるのではなく、ただくねくねと腰をくねらせ、尻を振りながら卑猥な踊りを見せるのを、日本の若い女の子たちがぎゃーぎゃー騒いでいるのを見せられる私には、にがにがしくて、どこまでも異文化の世界だ。》

 Q でも映画は、以前ほど目立たなくなっている気がするが

 A そうだな。個々数年、日本で公開される韓国映画の本数は減った。外国映画輸入配給協会の統計では、05年に61本あったのが、09年には23本にまで落ち込んでいる。

 Q どうしてそんなに減ったのか

 A ヒット作が出ないからだ。日本で韓国映画が注目されたのは、00年に公開された「シュリ」のヒットがきっかけだった。翌年にも「JSA」がヒットして、輸入本数が増えた。しかしその後は、05年に「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」などが興行収入25億円を超す大ヒットとなったぐらいで、その他はパッとしない。たとえば、韓国で1300万人を動員し、記録的大ヒットとなった「グエムル 漢江の怪物」(06年)は、日本では25万人程度と振るわなかった。

 韓国映画を多く手がける配給会社「エス・ピー・オー」によると、日本で韓流人気を支えているのは中高年女性の固定ファン層が中心だ。この層の好みと合わない作品は、日本での興行は難しいという。配給会社は輸入を手控え、映画界の韓流ブームは過去のものとなってしまった。

《韓流映画に限らない。何事も「熱しやすく冷めやすい」のは「付和雷同」と並んで日本人の大きな特徴だ。》

 Q 韓国映画界も、元気がないのか

 A 一時期、低迷していたが、現在は復調傾向ということだ。韓国では、00年代に入って才能ある新人監督が登場してヒット作が続出し、韓国映画人気が急上昇した。06年には総興行収入のうち、自国産映画の占める割合が6割を超えた。国際映画祭での受賞も相次ぎ、韓国映画の評判が世界中に行き届いた。しかし、制作費高騰や不況、粗製濫造気味になったことなどから、07,08年は低迷した。でも昨年は、ヒット作も出て元気を取り戻しつつあるようだ。

 Q じゃあ、いい作品が期待できるかな

 A 今月以降、昨年ヒットしたスリラーの「黒く濁る村」や「義兄弟」、コメディーの「国家代表!?」などが公開される。こうした作品が日本でヒットすれば、映画でも韓流復活となりそうだ。

《小母さんたちが映画館まで足を運んでくれるか、どこまで期待できるのだろうか。》

| | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

ロマってどんな人たち?

 毎日新聞(10/14)から、要約と、《 》内は私見。
 フランス政府が少数民族ロマを国外追放する*というニュースを聞くが、どんな人たちだろうか。もともとはインドに起源を持つとされる民族で、ナイル川のほとりからスペインを経て15世紀ごろヨーロッパに拡大していった。髪も目も黒いため、当時のヨーロッパでは「エジプト辺りから来た人々」と思われたようで、「エジプト人」がなまって「ジプシー」と呼ばれていた。しかし、この呼称を差別的と考える人も多く、現在は彼らの言葉ロマニ語で人間を意味する「ロマ**」の呼称が一般的だ。

 * 外来種と関連して少し触れて書いた。「外来種って何?」10/09

 ** 1971年の第1回世界ロマ会議で「ロマ」を呼称することが提唱され、EUはじめ各国の行政などもこの名称を採用している。

 Q 日本では余り見ないが、世界中にいるの?

 A ヨーロッパ、中東、米国に多く、ヨーロッパだけで約1000万人いる。世界全体の人口は諸説あり、はっきりしない。

 Q 差別される理由は?

 A 歴史的に放浪生活を長く続けて来たため「汚い」「盗みを働く」などの印象が根強いことが背景にある。第二次大戦中のナチスドイツから「劣等民族」として扱われ、約50万人(推定)が虐殺された。スイスでは1970年代まで、政府系団体がロマの子どもを親元から誘拐して施設に収容するなど非人道的な政策も実施されていた。99年のコソボ紛争では、セルビア人、アルバニア人双方から迫害を受け、多くの難民も生まれている。

 Q 今も放浪しているの?

 A 最近は定住も一般的で、弁護士など社会的地位の高い職に就く人もおり、以前のように行商・旅芸人集団というイメージは当てはまらない。一方で、物乞いや盗みなどで生計を立てる人が多いのも事実だ。

 Q サルコジ政権の「追放」は支持されているの?

 A 移民による犯罪が絶えないフランスで、サルコジ大統領は8月、不法滞在のロマのキャンプ撤去に乗り出し、ルーマニアなどの出身国に強制送還を始めた。8月26日付仏紙パリジャンの世論調査では、強制送還に賛成する人は48%で、反対の42%を上回っている。しかし、欧州連合(EU)は「人種差別だ」「域内での移動の自由を保障するEU法に反する」と激しく非難している。

《「外来種って何?」でも書いたが、人間だけには差別を持ち出して非難するが、同じことを動物や魚類、植物には逆に差別化を提唱している。》

 Q 悲惨な話ばかりだね

 A でも、ロマは中世以降多くの文学作品や演劇・楽曲に登場し、人々に愛される一面もある。スペインの伝統舞踊フラメンコやハンガリーの舞曲は、ロマ音楽の影響を受けている。ヨーロパ文化に彩りを添えてきたのも事実なんだ。

《最近では合唱コンクールで歌われることがほとんどなくなったが、一時は定番で取り上げられた曲があった。おそらく誰でも知っているだろうシューマン作曲の「流浪の民」(原題は『ジプシーの生涯』もしくは『ジプシーの人生』といい、“慣れし故郷を放たれて 夢に楽土を求めたり いずこ往くか流浪の民” の日本語訳〘音楽家・ドイツ文学者の石倉小三郎(1881〜1965)訳:で耳に親しい。》

《学生時代、合唱曲で習うことになったが、ピアノを弾く手を途中で止め、男性教師は教室を見回して曰く、「男には無理だろう」と他の曲に移ったのを、今でも悔しい想い出として引きずっている。この「流浪の民」こそ現在言うところのロマを歌ったものなのだ。》

《ジプシー音楽から影響を受けたクラシック音楽に器楽曲としては、ラヴェルの「ツィガーヌ」、バルトークの「ラプソディ第1、第2番」や、管弦楽曲にはリストの「ハンガリー狂詩曲」、ブラームスの「ハンガリー舞曲」、サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」などがある。》

| | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

国会こぼればなし

 毎日新聞(1014)から、
 自民党の伊吹文明は14日の伊吹派総会で、仙石官房長官が12日の衆院予算委員会で「柳腰で中国に対応していく」と答弁したことについて、「一国の官房長官があの程度の幼稚さでは、とても・・・」と酷評した。14日の参院予算委員会でも、同党の山本一太が「女性のしなやかな腰を表現する言葉で、外交政策を表現するには不適当」として繰り返し撤回を要求。

 追いかけるように仙石とは同党の鴨下一郎が、辞書まで引いて13日、「辞書で柳腰は『細くしなやかな腰』美人の例え。女性が『しな』を作る趣旨のメッセージを醸す。日本の名誉のため訂正を」と同士の足を引っ張った。

 これらに対し、仙石は、「しなやかに、したたかに戦略を組んでいくのが、日本外交の姿だと思っている」として撤回を拒否。

  国会の場で、下らない質疑で時間を費やしてもらっては困る。第一、「柳腰」が相応しいのは着物姿の日本女性が活きた生活をしていたころ、或いは小説か講談の中での淑やかな女性の例えだ。現在では「死語」とも言えて、淑やかさなど微塵もない当今の女性には当てはまらない。短いスカートをはき、はち切れそうな尻を振り、大股で闊歩する現代の女たちには「柳腰」の方で使用禁止を願い出そうな表現だ。まあ、どっちもどっちの莫迦らしいやり取りだが、「粘り腰」とでも言っておけば軽く打っちゃりで決められたのに、と思う。

| | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

遭難者にヘリ費用請求

 8月に「中高年中心 山岳遭難時の救助ヘリ、すべて税金」を書いて、最近の登山ブームの陰で、頻発する不注意の遭難に公費を浪費することの愚を知って、遭難者本人に負担させるべきだと指摘した。

 毎日新聞(10/14)から、
 今日の本誌記事で、埼玉県議会が、遭難者救助に出動したヘリの費用を当の遭難者本人に請求できる、とする条例案を提出することが報じられた。公費で賄われていた防災ヘリの利用に個人負担を可能とする条例を設けることで、安易な入山や救助要請を減らす狙いがある。総務省消防庁によると、遭難者からのヘリの費用徴収を可能にする条例が成立すれば全国初となる。

 条例案は、県所有の防災ヘリが県内で出動した場合が対象。「主として被救助者等の責めに帰すべきだと認められない」など、やむを得ない事情がある場合は対象外となる。成立後に運用規則などを県で決める。条例案は県議会で単独過半数を占める自民党が15日の9月定例県議会最終日に提出し可決される見通し。来年4月から施行される。

 現在、民間ヘリが出動した場合、費用は本人負担。「稼働1分間で1万円が相場」(日本山岳協会)と言われる。県内では7月、秩父市で山岳遭難者の救助中に県の防災ヘリが墜落し、乗員ら5人が死亡する事故が起きた。

 総務省消防庁によると、防災ヘリコプターは4月1日現在、全国45都道府県に72機(同庁ヘリ含む)が配備されている。昨年の救助出動件数は1896件(前年比225件増)だった。

 《同じく緊急救助時の出動であるべきものなのに、安易に利用される救急車がある。歯が痛むから、腹が痛むから、子どもが引きつけを起こしたから程度の、たいした怪我や病気でもないのにタクシー代わりに利用されるケースが報告されている。或いは、飲酒運転での死傷、傷害事故などの際の出動など、これらもいずれは本人負担の対象にして行くべきだろう。》

| | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

パンダのレンタル料は幾ら?

Pa140296_3


14日
朝の
ヘヴンリー
ブルー


 1972年、日中国交正常化を記念して、上野動物園に2頭のジャイアントパンダが中国から寄贈されたのが、戦後の日本の動物園でパンダが飼育されることになった始まりだった。最初のパンダが来て、上野動物園では、死亡しては何度かその代わりが来たようだが、今日までの37年間、通勤圏でもあり、東京に隣り合う県に住んでいるが、特別見たいとも思わないままに、1度も見に行ったことがない。おそらくこれからも行かないだろう。が、現在では上野以外にも日本の動物園で飼育しているところがあると聞く。どうしても見たけりゃそこへ行けばすむことだ。

 みんなが言うから、行くから、並ぶから、食べるから、買うから、持っているから、読むから、は日本人の得意とするところだが、天の邪鬼の私は、だったら自分はこっちへ、と後ろを向いて今まで生きてきた。ラーメン食べるのに行列などあほらしくて出来る訳がない。ベストセラーなど騒ぎが鎮まってからでないと読む気にもならない。1Qなんとかも手にも取っていない。ディズニーランドにも行ったことがない。ケータイなど無用だし生活に何の不便もない。

 来年の春にはまたまた、やって来るようだが、今度はレンタルになるとか、東京都の石原知事が以前、レンタル料について、2頭でⅠ億円とは「法外な値段」とか、とかく言葉尻がとらえられて針小棒大な記事になることを「余り言いたくないが」と皮肉りながら「東京都民の意識調査をしたら、金払うならいらないという人が97%いたよ」と語ったこともあった。

【閑話休題】
 毎日新聞(10/13)『なるほドリ』から、
 来年の春にも、上野動物園に中国からジャイアントパンダがやってくるが、レンタル料が結構なものだと聞いた。今回は雌雄の番(つがい)を10年間借り受ける。東京都と中国野生動物保護教会が共同で勧める繁殖研究プロジェクトという位置づけで、都は保護協力資金として年間95万ドル(約8000万円)を同協会に支払うことになる。

 Q 高価なレンタル料なんだ

 A 野生のパンダは中国に約1000頭しかおらず、絶滅の危機に直面している。野生動植物の保護を目的としたワシントン条約では、パンダの国際的な移動は繁殖などの共同保護研究のみで、商業目的では認められていない。貸与を受ける国は、繁殖や中国の生息地の保全などを支援する協力資金を支払い、金額は中国との協議で決める。番で年間100万ドル程度とされている。日本国内には神戸市立王子動物園の雄1頭と、動物公園「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)の8頭のパンダがいるが、いずれも中国からの貸与だ。アドベンチャーワールドは公表していない。

《もともと乗り気でなかったと見られる石原知事は、難航していた中国当局との交渉で、「5万ドル値切りました」と2月の定例記者会見で報告している。》

 Q 期限が来たら返すのか

 A 基本的にはそうだが、延長もできる。王子動物園では00年に雌雄2頭を借り受け、当初の保護協力資金は年100万ドル。今年6月、50万ドルで5年間の延長を決めたが、9月に雄が死んだ。人工授精のための麻酔から覚める途中で、肺にものが詰まった「事故死」の可能性が高いことから、神戸市は中国に50万ドル(約4000万円)の補償金を支払うことになった。

 Q 子どもが生まれた場合は?

 A 上野動物園に子どもが生まれた場合、その2年後以降に子どもを中国へ返す約束になっている。パンダの繁殖が貸与の目的だが、子どもが大きくなっても相手がいなければ繁殖ができない。中国に戻って相手を見つけて、また子どもが生まれることがパンダ全体にとって喜ばしいことなのだ。子どもが生まれて、パンダが増えても、年95万ドルの保護協力資金の額は変わらないということだ。

| | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

体外受精とは

 毎日新聞(10/11)『なるほドリ』から、
 今年のノーベル医学・生理学賞(イギリスのロバート・エドワーズ・85)の綬賞理由は「体外受精技術の開発」となっているが、1978年当時、私の耳には世界初の「試験管ベビー」誕生の報道は、耳慣れない言葉と同時に、試験管で命を弄ぶ科学者の、禁断の領域へ踏み入ったことへの恐ろしさを覚えたのを記憶している。しかし、いつの間にか「試験管ベビー」の名は、不妊に悩む多くの女性を救う技術の進歩とともに使われなくなった。試験管ベビーの報道を聞いたのは、まだ現役で会社の食堂のテレビであったが、その時、「いずれ代理出産が商売になる」と言い放ったのを覚えている。

 Q 体外受精ってよく聞くが、どんな技術?

 A 普通の妊娠では、卵子と精子が出会って受精するのは女性の体内だ。これに対してエドワーズらが開発した体外受精は、女性の卵巣から卵子を体外に取り出し、シャーレの中で精子と混ぜ合わせて受精させる。受精卵ができれば女性の子宮に戻し、うまく着床すれば、妊娠・出産となる。

 Q この技術のおかげで不妊に悩む多くの夫婦が、子どもに恵まれるようになった。

 A 《1978年に、世界初の》ルイーズ・ヴラウンが生まれてから30年以上が経ち、体外受精技術の恩恵を受けて、これまでに全世界で400万人近くの赤ちゃんが生まれている。日本産科婦人科学会によると、国内では約56人に1人に当たる年間約2万人が体外受精で生まれ、累計で約20万人に上っている。しかし、卵子を女性の体外で扱うことになったことで、卵子の持ち主と子宮の持ち主が別々でも妊娠・出産が可能になった。

 Q それって問題ないの?

 A 卵子提供に関しては、姉妹や友人からもらうのか、匿名の第三者からもらうのかで事情が違ってくる。姉妹など近親者から提供を受けた場合、子どもにとっては身近に生みの母と、遺伝上の母の2人が存在することになり、家族関係が複雑になる。さらに不妊の姉妹を持った女性が家族から卵子提供のプレッシャーを受ける恐れがある。匿名の提供者の場合には、「自分の出自を知りたい」という子どもの気持ちにどこまで応えるのかを巡って意見が分かれている。そのほか、提供者の女性の卵巣が腫れるなどの副作用の問題もある。

 Q 難しい問題だ

 A 不妊治療の問題を取り扱う厚生労働省の生殖補助医療部会や日本学術会議の委員会が報告書をまとめているが、たくさんの意見があり、法律には結びついていない。体外受精は1人の人間を生み出すとても重要な技術だけに、国にしっかりとしたルールがないと、混乱が生じる恐れがある。議論は今後一層深まるといい。

《過去においては2009年、61歳の母が、或いは53歳の母が、生めない体の娘に代わり孫を出産したことがある。ここまでは許されるとしても、卵子と精子を購入して勝手気ままに操作することで、選り取り見取の受精卵を作り出すことまで可能になった。また、長年不妊に悩み、治療を受けたにもかかわらず子どもをもうけることが叶わなかった人たちの救済としての体外受精のはずなのに、生物学的に出産には全く不可能を承知の上の同性愛者やシングルマザーまでもが希望すれば精子提供される。》

《精子バンクは1964年、米国・アイオワ市、と日本・東京で設立され、1980年には米国でノーベル賞受賞者専用の精子バンクもできている。学歴や容姿、体躯・身長などで値段が異なるが、液体窒素で保管すれば20年以上経っても受精卵をもうけることも可能だという。》

《遺伝学・人類学の入門書や雑文で時々引用されるイサドラ・ダンカン=1875年生まれのアメリカのモダンダンサー(一説にはサラ・ベルナール=1844年生まれのフランスの舞台女優)と稀代の皮肉屋のジョージ・バーナード・ショー=1856年生まれ、イギリス近代演劇の確立者)との有名な逸話がある。ある時ダンカンがショーに結婚を申し込んで言った「私の美貌とあなたの頭脳を持ち合わせた子を持ちましょう」と。すかさずショーは丁重に皮肉混じりに言った「私の醜さとあなたの愚かさを持った子が生まれるから」と断った。この逸話は同時に、好きな組み合わせで誰かの腹を借りて出産する、生物学的な親子関係とも遺伝子とも関わりのない奇妙なメカニズムが、現実に起こり得る将来を示唆しているように思える。》

| | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

中高年の体臭問題に抜本的な取り組みを

 毎日新聞(10/11)「広告」(体臭対策用ソープ)のページから、
 何も広告宣伝に向かって目くじら立てることもないのだが、中年とは言いながら、対象は「男」になっている。まるで中高年「女」には体臭がない無味無臭の生き物のような宣伝文句だ。よその国で、これだけ中年男性の体臭を差別問題にする国があるのだろうか。わざわざゴシック文字で次のように書く。「エレベーターや会議室、寝室、車内など、密室空間で気になる中高年男性の臭い。本人は気づかずにいても、周囲の人間にとっては耐え難い苦痛になっている。もはや身近な“環境問題”といえる深刻な悩みの実態と、その対策について探ってみた。」と。

「よいとまけの歌」ではないけれど、女性にしても、男性にしても、働いて流れ出す汗の臭いは不快なものではない。これを「くさい」と口にする奴らは労働の苦しさを知らず、働くことの意味すら理解できない人間たちだ。

 本来の香りを嫌い、トマトや人参にしろ、ニンニクにしろ、その臭いや香りがあるから美味なのに、その特有の臭いを消し去り、味気ないものを「おいしい」と言い、果ては百合の香りが邪魔だとて、レストランから追い出し、安香水に取って代える。自分自身の嗅覚を持たず、「みんな」が言うからそうだろう、の波に乗る。それに宣伝がこれでもかと輪をかけて追い立てる。エレベーターには高年齢の自分も含めてよく利用するが、中高年男性の耐え難い臭いには出くわしたことがない。それ以上に女性客が多いエレバーターの中は、呼気や種々雑多な化粧品,香水の臭いに息の詰まる思いをすることの方がはるかに多い。本人たちにはそれぞれの自己満足だろうが、異性には耐えられないこともあるのだが、立場が変われば男の臭いのこれも同じことだろう。

 世の女たちの本音として20〜69歳の300人の衝撃のアンケート結果によるとして、約9割の人が「中高年の体臭が気になったことがある」という。しかも、一人一人のコメントは厳しいものばかり。「隣に座ったので思わず席を立った」「上着を脱ぐと古い油《ママ》の臭いがした」「思わず吐き気が」など被害の実態をここぞとばかりにぶちまけている。

 最近テレビコマーシャルで目にするが、でぶっちょの女2人が「男が臭い」「旦那が臭い」とよくもここまで、と思える言葉と振りではしゃいでいるが、対象が「おんな」「女房」だったら女性差別で騒がしくなっていることだろう。

 ブログの古いところで書いているが、地下鉄のトイレ掃除のおばさんから聞いた「男トイレはきれいですよ、女トイレは余程きたないですよ」を思い出す。このような女たちの装いや行動、嗅覚などを考えれば、頭の上の蠅を追ってから言え、といいたくなる。アンチエージングなどと、表づらばかり誤摩化しても、女だって中高年の加齢体臭はしっかりと身についているのだから。

最後は、そこでご紹介するのは、と全身洗える体臭対策用ソープが登場する。そして、ユーザーからのヨイショ文が掲載されている。「主人が使い始めて臭わなくなったのにはびっくり。家族みんなが大ファン」と。

| | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

池袋殺人「出会い喫茶」

Pa090295_3

雨に
うなだれる
今朝の
ヘヴンリー
ブルー


 毎日新聞(10/9)から、
 東京・池袋で9月、私立大4年の女性(22)が首を絞められ殺害された。無職の殺人容疑などで逮捕された紺野正美容疑者(29)とは近くの「出会い喫茶」で数時間前に出会ったばかりだった。カラオケ仲間を求めて入店する女性もいれば、女目当ての男性客も少なくない。この場所で見知らぬ男女はどんな出会いをしているのだろうか。事件後、記者は店を訪れた。

 JR池袋駅から歩いて5分、繁華街の一角にある雑居ビル一階。入り口で名前と連絡先を記入し、新規の入店料3000円を支払う。2回目以降は2000円だ。7〜8人の男性客が待合室からマジックミラー越しに、化粧を念入りに直したり雑誌や漫画に目を落とす女性を品定めするように見つめていた。

 気に入った女性がいれば、店員の仲介で個室で会える。合意すれば店に2000円を追加して支払い(女性客は無料)、店の外に連れ出せるシステムだ。店はホームページで「スイーツ無料」などとPRして女性を誘う。

 指名で個室に現れた女性(24)は2年前から週に3〜4回、店に来るという。「食事だけなら5000円。ホテルは2万円」とあっけらかんと話した。「売買春の禁止」という壁の貼り紙も「そんなの店の建前でしょ」と意に介さない。

 女性は売春の「報酬」をブランド品や貯金に充てる。知り合った男とホテルに行き、包丁で脅された経験も明かした。その時は受け取った2万円を返し、約100万円の指輪を奪われた。裸の写真も撮られたが、売春がばれると思い、警察には届けなかった。

 この女性は事件のあった前日に、待合室で被害者とすれ違ったという。スタイルが良く、ジーンズに長い髪が印象的だった。「店ではあまり見かけなかった。こういう場所に慣れていなかったと思う」と振り返る。今回の事件を知り、恐怖心はあるがやめるつもりはない。「風俗店と違い、客と直接交渉できるので儲けが大きくなるから」だと。

 別の女性(25)は「売春は嫌」と語った。派遣で昼はテレホンアポインターの仕事をし、週に1度、この店に立ち寄る。職場が男性が少ないので、店で知り合った男性と食事やカラオケに行くのが楽しく、3カ月で3人の友だちができたという。「たくさんの男性と出会える」と出会い喫茶の魅力を話すが、「少しでも変な感じがしたら店から外には出ない」と警戒も忘れない。カラオケ店の個室では、すぐに逃げられるようにドアの近くに座る。

 殺害された女性の同級生によると、女性は「将来はヘアメークの仕事に就きたい」と話していたという。知り合ったばかりの2人の間にどんなトラブルがあったのか、。警視庁は紺野容疑者を取り調べ、詳しい動機を追及している。

 出会い喫茶は05年ごろから目立つようになった。警視庁によると09年9月末現在、14都道府県の計100店を確認。最も多い東京都内では現在47店が営業している。風俗営業適正化法は適用されないが、児童買春事件の続発を受け、警視庁は11年1月から同法の対象とし、18歳未満の立ち入りを禁じる規制強化に乗り出す。

 だが捜査幹部は「店側はあくまで紹介と言い張るので、売春への関与を問うのは難しい」と打ち明ける。2人が出会った店の関係者は「店の外の行動には関知しない」と強調した。

《連れ立って店から出たということは、お互いの同意が成立したからだろう。別の喫茶店に入るか、ホテルに行くかは当然店の関知しないところだ。お茶が飲みたいのなら、出会い喫茶でなくても、いくらでもある。わざわざその店に入る目的があってのことだろう。前日にすれ違った女性の思惑にしろ、同級生の言にしろ、事件の女性の行動には何の関わりもない。》

《敗戦後、強くなったのは「靴下と女」と言われて以来、逆にひ弱になった男に代わり、性の衝動を恥じない風潮は、性モラルの希薄になった現在の日本女性には珍しくもないことだ。小学生向けの漫画から、少女雑誌、女性誌、ケータイなど、これでもか、と性への好奇心を煽り立てる。結果、夜の繁華街へ家出までしてうろつく、中、高生の妊娠、堕胎。また、結婚前の妊娠(本来、フシダラな「出来ちゃった婚」を、今では「授かり婚」などと飾り立てる。勢いで結ばれ、勢いで別れる。別れる理由は「DV」で片付けられ、母子家庭が増える。別れる前のほかの男との不義、不倫は「愛」と呼ばれて300日問題を引き起こす。》

《男は『飛んで火にいる夏の虫』を待っている。売春を厭わない上の24歳の女性のように承知で入店するのでなければ、好き好んで行くことのない店だ。行くのなら、最初から「タダほど高いものはない』リスクを覚悟する必要があろう。それが命を落とすことになることも含めてだ。》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

200安打 一気に3人

Heavenly_4
 5日朝のヘヴンリーブルー(赤いのは紛れ込んだ日本朝顔)

 毎日新聞(10/6)から、
 《どうして素直に認めてやらないのだろうか。見出しには、「猛暑が投手を直撃」、「イチローの時より14試合増」とか「本拠地いずれも屋外」などの偉業の評価を貶めるような文字が踊る。イチローがどれほどのものか知らないが、200本以上安打を10年間連続で達成したことを、記録に並ばれたピート・ローズは、達成の当日、「イチローは足で稼いだ記録」と内野安打の多さを皮肉ったコメントを出していた。アメリカ大リーグの記録を抜いた日本人にはホームランの王貞治がいるが、彼の数字に文句を付けるものはいなかった。》

 阪神のマット・マートン外野手が、イチロー外野手がオリックス時代に記録した年間最多安打210安打を塗り替えた。今季はほかにヤクルトの青木外野手、ロッテの西岡内野手も「シーズン200安打」を達成した。これまで国内で200安打越えは3人だけだったが、今季は急増。その背景に冒頭の諸事情をいうのだ。

 まずは試合数。イチローが210安打をマークした94年は年間130試合だったが、今は14試合多い。当然、記録達成の可能性は高まる。イチローは122試合目、マートンは134試合目、青木は136試合目、西岡は140試合目だった。青木は05年にも202安打したが、146試合だった。参考だが、ラミレスがヤクルト時代の記録204安打は144試合。

 そして、興味深いのが今夏の猛暑。各チームとも投手が体力を消耗し、チーム防御率が軒並み悪化している。逆に打者は成績を上げるチャンスだった。《いかにも打者には猛暑の影響はなかったかのような書き方だ。》

 来日1年目のマートンについては、広島の打田順三打撃統括コーチは「(彼は)パワーに頼った引っかける打ち方をしない。外国人が日本で活躍する条件である、左右に打ち分ける広角の打撃を備えている」と分析する。8年目の西岡は初めて全試合全イニング出場を果たした。

 セから2人の達成者が出たことで、セの投手の力不足を指摘する声もある。球界を代表するエース級はパに集中しており、ロッテをチーム打率でリーグ1位の強力打線に育て上げた金森打撃兼野手チーフコーチも「(セ、パの力の差は)交流戦で明らか」だという。今季の交流戦は上位6位がパの球団だ。本塁打数は全日程を終えたパの計742本に対し、セは100本以上も上回っており、「打高投低」ぶりがうかがえる。

 200本安打続出は今季だけの現象か。金森コーチは「打撃技術は年々上がっている。これからも出ると思う」と見ている。

《来季の日本プロ野球では、飛ばない球が使用される。これまたホームラン数や打率などで、兎や角言う人間が出てくることだろう。個人の成績が、本人の係わりないところで発生する外部要因で、あれこれ批判されては戦っている選手たちには気の毒としかいいようがない。》
 

| | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

卒業から3年は「新卒扱い」に

 毎日新聞(10/4)から、
 高木美明文部科学相は4日、若者の雇用対策をめぐり日本商工会議所の岡村正会頭と会談し、高校や大学を卒業した既卒者について少なくとも3年間は「新卒」と同様に扱うことや産業界としての雇用枠の確保などを求めた。これに対し岡村会頭は「われわれにできることがあれば最大限努力したい」と応じた。文科相は同日、日本経団連の米倉弘昌会長にも要請した。文科相は会談で雇用確保に加え、長期間に亙る就職活動が学生生活に悪影響を与えないよう、企業の新卒採用の行き過ぎた早期化の改善も要望した。

《一見、既卒者にとって希望が持てそうに思われるが、そうでない面もある。3年分の大群衆と、高校から現役で大学入ったものと比べると、誰でも入れる大学では、現在ではそう多くはないだろうが、2浪、3浪で大学に入ったものは、高校から現役入学の新卒者との年齢差は卒業後の2、3年と、もともとの年齢差のハンディを持っての競争になる。加えて同じ土俵であっても、新卒者の優秀な人材は、先に停滞するものがあっても妨げにはならない。企業は玉石混淆の中から若くてきらりと光る人材を見出す専門家が宝石を見極める。企業のパイが広がったのなら既卒者にもチャンスはあろうが、人材は投網にかかる魚ではない。優秀な稚魚を大魚に育てるのに企業は膨大な投資を必要とする。そうでなくても入社後3年そこそこで退社していくひ弱な落伍者が多い。今回の文科相の要請で、チャンスをつかむことができるか、敗残者となるかは、これまでどのように生きてきたか、これからどう生きるのか、将来を見据えたビジョンを持つものが、選ばれる、成長期の企業は少数の質の高い人材と、普通の多くの労働者で支えてきた。当時の企業には余裕があって、それまで言われていた利益追求から「社会貢献」を声高に唱えていたが、リーマンショック以降は恥も外聞もなく、利益追求に舵を切り直した。甘ったれ気分では就職戦線は乗り切れない。言い古された言葉だが、「企業は人なり」は真実だし、その人とは、数ではなく、一人一人、質の高い知性と人間性豊かな人材を求めているのだ。》

| | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

薬物はなぜやめられないのか

 毎日新聞(10/3)『なるほドリ』から、
 麻薬をやるのも自由、アル中になるのも自由、そして廃人になるのもまた、自由。

 一昔も二昔も前には、特にアメリカのジャズ・ミュージシャンとは切っても切れない結びつきのように語られていたものだ。中でも女性歌手の最高峰として真っ先に数えられるビリー・ホリデイ。当時のアメリカ社会の激しい人種差別のなか、黒人で私生児(母19,父16歳)としての生まれ(1915年)もあったが、11歳のときの強姦、14歳になった彼女は母とともに売春宿で客を取り、片方では歌のうまかった彼女は小銭稼ぎでホールにも出ていた。15歳になった彼女は当時はやっていたマリファナを吸い始め、麻薬の世界にはまって行くことになる。その後歌が評価される一方で、アヘン、コカイン、ヘロイン漬けになり、母が49歳で死亡すると一層アルコール依存と麻薬にはまりこむことになる。32歳のとき彼女は大麻所持で逮捕され、女子刑務所で8カ月間服役。その間にニューヨーク市のキャバレー入場証が失効、12年間キャバレーへの出演ができなくなる。

 しかし、第二次大戦後頂点を極めることになるが、今度はLSDに手を出し、解毒治療を受けるが失敗する。直後に麻薬所持で逮捕、1年の服役。それからの彼女はスキャンダルにまみれ、経済的にも追い込まれて行く。1948年出所した彼女はカーネギーホールの舞台に立ち、大成功をおさめる。一方でヘロイン漬けの生活が続き、労働許可が没収され、ニューヨークでの仕事ができなくなる。今度は場所を移したサンフランシスコで麻薬不法所持で逮捕。警察も彼女を追い廻し、何度もヘロイン所持で捕まりそうになる。

 1949年ころにはセッションでもリズムが合わせられなくなったり、遅れたり速くなったり、アルコールのせいで呂律がおかしくなったりした。その後昔の恋人と再会、彼の努力で復活するが、申請した労働許可は却下される。1954年、昔からの夢であったヨーロッパツアーを実現する。相変わらず麻薬にもアルコールにもめげずにだ。また、彼女は何年も前から病魔にもおかされていた。

 彼女が聴衆の前で歌ったのは1959年のニューヨークのダウンタウンでの慈善コンサートが最後だった。体は衰弱し、43キロまで痩せ細り,顎からよだれをしたたらせ、司会者ら2人に抱えられてなんとかマイクの前まで進んだが、予定されていた7曲のうち2曲を歌うのが精一杯だった。

 【閑話休題】
 最近、薬物事件で逮捕される有名人(?)が多いな。タレントの田代まさし容疑者がコカイン所持で、元俳優の清水健太郎被告が覚醒剤を使ったとして逮捕された。薬物関連での逮捕は、田代が3度目、清水が5度目だ。

 Q なぜ何度も事件を起こすのか

 A 依存性が強い薬物は断ち切るのが難しく、再犯性も高い。01年以降の覚醒剤事件では、検挙された人の半数以上が再犯者だった。

 Q どうして依存するのだろう

 A 薬物の強い快感を覚えたり、疲労を感じなくなったとしても、繰り返すに連れて、効果が出る時間は短くなり、「ほしい」という気持ちを抑えることが難しくなる。これが薬物依存症といわれるものだ。欲求を自分の意志でコントロールできなくなる精神障害の一つだ。しばらくやめることができたり、「使ってはいけない」と分かっていても、目の前に薬物があると手を出してしまうなど、完治はできないといわれている。

《薬物を、アルコール、酒と言い換えて読んでもいい。》

 Q 逮捕されたタレントたちは、病人みたいにげっそりしていたな

 A 幻覚や妄想で仕事が手につかなくなったり、対人関係のトラブルや家庭内暴力につながることもある。薬物を入手するための借金を重ねる人もいれば、精神的に追いつめられて自殺願望を引き起こすケースもある。

 Q 恐ろしい。一度はまったら、抜けられないのか

 A 一人で克服するのは難しいが、専門医による治療のほか、自助グループがさまざまな支援活動を行なっている。その一つ「日本ダルク」に参加する男性は「薬物依存は一生つき合わなければならない病気。参加者同士がそれぞれの経験を話し、苦しいのは自分だけではないことを知り、支え合っている」と話している。患者を支える家族でつくる団体も各地にある。身近に薬物依存と思われる人がいたら、相談してみればいい。

《お互いの傷のなめ合いでどこまで治療できるのか、疑問だ。》

 Q 何より使わないことが大事だ

 A 一度だけと思っても、それをきっかけに依存症へ突き進み、健康ばかりか家庭や仕事、すべてを失いかねない。手を出さないことが最大の予防策だ。

 

| | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

ケータイの知恵

 毎日新聞(10/1)「ケイタイの知恵」蘭から、
 携帯電話不要論の私は今もケータイは持たないが、今回の『「プロフィール」機能を活用しよう』記事は気になることなので、取り上げてみた。筆者は村元正剛氏。比較的短文なので、全文を紹介する。

 あなたは、人からケータイの電話番号やメールアドレスを聞かれた時に、すぐに答えることができますか? これらは自分で覚えておくのが理想的だが、簡単に調べられる方法もある。ケータイのメニューボタン(機種によっては決定ボタン)を押して、メインメニューを表示させた状態で「0」を押すと、自局番号などを確認できる「プロフィール」画面を表示できる。ケータイ事業者に関係なく、ほとんどの機種に共通する機能なので、自分が使っているケータイで試してみていただきたい。

《ここまでは何ということもない、知らなかった人は、各々試してみればいい。》

 このプロフィールには、自分の氏名、ケータイのメールアドレス、自宅や職場の電話番号やメールアドレス、住所、誕生日、ウェブページのURLなども登録しておける。自分の連絡先などを誰かに教えたい時に、素早く調べられるので便利だ。しかも、プロフィールに登録した情報は、赤外線機能を使って、他のケータイに簡単に送信でき、受信した側の携帯の電話帳(アドレス帳)に自動的に登録される。

《「個人情報保護ポリシー」でガンジ搦めのはずの情報が、至って簡単に外へ流れ出すのだが、こんなにも不用心にケータイは利用されているものなのか。心許す間柄でとどまるものなのならいいが、悪用され、泣くものが引きも切らない事実は、数え切れないほど発生している。》

 ケータイをフル活用している若い世代は、プロフィールを赤外線で交換することで、お互いの住所や誕生日、血液型などを知る人が少なくないようだ。自分のブログのURLを教えたい時にも活用できる。プロフィールは、プライベート用の“電子名刺”とも言えるだろう。

 しかし、逆に言えば、「友人・知人とはいえ、あまり個人情報を教えたくない」という人は使い方に注意が必要だ。うっかり赤外線でプロフィールを交換してしまうと、登録している情報がすべて知られてしまうことになるからだ。赤外線を使わなければいいだけのことだが、安全のために、プロフィールには人に知られてもいい情報だけを登録しておこう。

《私のブログのプロフィールには、誰もが不満を持つような程度しか書き込んでいない。肩書きを自慢するような街の名士でもないし、大学教授でもない、昭和という戦争に明け暮れ、敗戦からの復興に励んだ時代を生き延びてきた、ごくごくありふれた昭和一桁生まれの老爺だ。老いの一徹で、言いたいことだけは書き留めておきたい、と衰え始めた頭をひねりながらキーボードに向かっていることが、寄り道して目を通してくださる方達に伝わればいいと思っている。それに必要な情報だけを載せているのが私のプロフィールだ。》

 筆者がお薦めしたいのは、紛失時に備えて自宅の電話番号やPCで使っているメールアドレスを登録しておくことだ。ケータイの使い方に精通した人であればプロフィールは簡単に呼び出せるので、紛失したケータイを拾った人が、そこに登録している連絡先に電話やメールで知らせれくれることも期待できる。

《拾って連絡してくれる人の好意の反面、それがきっかけの犯罪に巻き込まれることのマイナス面もあり得る。友だちの数を競って喜ぶレベルには、プロフィールの内容は、よほど心掛けておかなければならないことだろう。》

| | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »