« 4年制大学の46・5%が定員割れ - 2 - | トップページ | ロシアで酒の規制検討に着手 »

2009年9月22日 (火)

4年制大学の46・5%が定員割れ - 3 -

 最期の3人目は「若手教員にしわ寄せが来る」という立命館大・水月昭道研究員

 私大の経営難の影響を一番直接に被るのは、私たち、若手の教育労働者である。

《教育に携わる人たちが聖職者である必要はない、という持論の私でも、こうアカラサマに自らを労働者呼ばわりされると白けてくる。》

 少子化による市場の縮小がはっきりとしていたにも拘わらず、91年の大学院重点化以降、教員候補者は増やされ続けた。大学院生を増やすことで、大学入学者数の減少分の穴埋めを図るためだ。

 市場規模は文科省の思惑通りギリギリ維持された。それでも、将来への不安を拭えない各地の大学は、新規採用を抑える方向に走った。

《当然新陳代謝が行われなくなり、古顔が幅を利かす糞詰まり状態が起る。》

 リストラもない大学では、終身雇用と年功序列が維持される。一度でも雇われれば、何十年も同じ人間がとどまり、ポストは長期間埋まり続ける。若手はいなくなり、超高齢化社会が到来した。

 ポストは教授職が最も多く、教員への第一歩となる講師職などはその半数にも見たない。高齢の重役が最も多く、平が少ない逆三角形型の組織が形成されている。当然、負担は重く、下のポストにしわ寄せがくる。多くが任期制とされ、給与は安く抑えられた。

《立命館大だけのことか、私大一般の職員構成がそうなのか、これだけ不満を抱えた研究員が集まっていては、碌な仕事(労働者というからには)はできていまい。立命館とはいえ、情けない実情を暴き出したものだ。》

 坂道を転がるようにして、アカデミアの雇用情勢は悪化し続けている。非正規雇用者は、少なく見積もっても4万人を下らないほどに膨れ上がった。経営難が続くなか、定年などで辞めた教員の補充も控えられ、正規雇用の枠は減る一方だ。コスト削減が極限まで進み、講義の多くは人件費の安い非常勤講師に外注されている。私大では、開講する講義の5割から7割にものぼる。教育的観点からは、果たして大丈夫なのか。

 専任と同じように講義やテスト、採点などをしているにも拘わらず、彼らの年収は、200万もあれば御の字だ。多くは、600万円近くの奨学金返済も抱えている。その非常勤すらなく、フリーターなどで食いつなぐ博士まで含めると、職にあぶれる者の総数は10万人にものぼるとも言われる。新卒の博士が教歴すら持てないため、古参の非常勤講師は、若手と交代しろと、所属の大学から暗に引退を迫られる。これで、講義に情熱を注ぎ続けられるだろうか。

《告発か泣き言か、全く覇気が感じられない。一昨日、山本センター長はある程度楽観的な見解を述べていたし、昨日の石川学長は自画自賛の改善策を開陳していた。》

 一方で、大学は、夢が叶うなどといった、欲望喚起型の広報を恥ずかしげもなく行い、自学には高い教育力があると自慢してみせる。事実は、派遣の教員が教えているだけだ。

 大学は、教育機関としての立場を完全に忘れ去っている。それどころか、就職に失敗した学生や成績下位層を、宣伝に使えないからといって切り捨てる始末だ。

《経営効率を考える場合、コストパフォーマンスを配慮するのは当然のことだ。小学校の運動会のように1番も2番もない世界や、クラス全員が白雪姫になったり、王子さまになったりして治まるところではない。成績下位層が切り捨てられるのは避けられないことだ。》

 人が育たず、社会は劣化し続けている。年間の自殺者が3万人を超える事態が、10年以上も続くことは、どうみても異常だ。

《論点をはぐらかしちゃいけない。自殺が多いことと大学の教育システムの欠点を横並びに取り上げるのはテーマを逸らすことになる。》

 山積する問題を解決に導いていける、人づくりのシステムの構築。喫緊の課題となっているのはこれだ。市場の縮小という現実しか残されていない現場で、ただちに経営の諸問題が解決するような妙案など何もない。私学経営者は初心に戻るべきだ。現状維持ではなく、将来に向けた、未来改善型の教育と経営こそを始めてほしい。

《水月、この人結局何が言いたかったのだろう。言うだけ言っておいて、その問題を解決する妙案など何もない、と切り捨てる。「初心」とは言うに易くして、行い難しなんだ。それに「将来を向か」ない「未来改善型」って存在しないでしょ。論点を見失ってまとめることのできなかった結論だった。》

《結局のところ大学は、人間性豊かなエリートは生まれない場になったようだ。やはり、大学は多すぎる、というのが私の結論。》

|

« 4年制大学の46・5%が定員割れ - 2 - | トップページ | ロシアで酒の規制検討に着手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/46280697

この記事へのトラックバック一覧です: 4年制大学の46・5%が定員割れ - 3 -:

« 4年制大学の46・5%が定員割れ - 2 - | トップページ | ロシアで酒の規制検討に着手 »