« 酒 二題 | トップページ | 女性の強制採尿に男性警官が関与 »

2009年9月 5日 (土)

文化庁「国語に関する世論調査」平成20年度

 毎日新聞(9/5)から、《 》内は私見。

 文化庁は4日、08年度国語に関する世論調査の結果を発表した。

  調査目的 日本人の国語に関する意識や理解の現状について調査し、国語施策の立案に資する
  調査対象 全国の16歳以上の男女
  調査時期 平成21年3月
  調査方法 個別面接方式
  調査対象総数   3480人
  有効回収数(率) 1954人(56・1%)

 チームなどを指揮することを表す「采配を振る」を「采配を振るう」と本来とは異なる使い方をしている人が58%に上った。「破天荒」「御の字」なども過半数が本来とは異なる意味を選んだ。一方、特に若い世代で「日本語を大切にしている」と回答した割合が飛躍的に上昇した。

 二つの選択肢から本来の言い方である「采配を振る」を選んだ人は28・6%だった。「敷居が高い」の意味として、本来と異なる「高級すぎたり上品すぎたりして、入りにくい」を選んだ人は10〜30代で7割超、30代以上で3割程度と、世代間に大きな差があった。

 また、「来ることができる」の意味で、「来れる」を用いるなどの「ら抜き表現」を言葉の乱れではなく変化だと考えている人の割合(41・0%)は01年度調査と比べ8・5ポイント増。考えを言葉にして伝えるより「察し合って心を通わせることを重視する」と回答した割合(33・6%)は99年度比で10・3ポイント増だった。

《若い人たちが、他人(ひと)とのコミュニケーションが苦手になる原因は、このような背景があるからだ。考えを整理して表現することができず、気のあった仲間うちだけで通用するスラング混じりの言葉で会話が成立することで不自由しない間はいいが、それを心が通い合っているとの錯覚で生活圏が成長して行くと、少しでも気心の異なるカルチャー(生活圏や組織)に遭遇した場合、一気に意思の疎通が出来なくなる。》

 一方、若い世代で「日本語を大切にしている」と回答した割合が飛躍的に上昇。01年度比で全世代平均(76・7%)は7・6ポイント増、10代(72・2%)は28・4ポイント増だった。

 「美しい日本語とはどのような言葉か」の質問には、「アナウンサーや俳優などの語り方」の回答が16・8%で、01年度比で9・6ポイントの大幅減。「控えめで謙遜な言葉」は40・0%で、01年度比で11・2ポイント増えた。文化庁国語課は「日本語ブームに乗って興味を持つ若い人が増えてきた」とみる一方、「空気が読めないと言われないよう、状況に気を遣うことが『大切にすること』だと考えているのでは」と分析している。

《皮肉な見方をすれば、美しい日本語が、「ひかえめで謙遜な言葉」とは若い人たち自身に欠けている典型的な部分であることをわかっていての回答になったのだろう。》

 さらに、外来語60語の理解度も調査。理解度が低かったのはインキュベーション(企業支援)やキャピタルゲイン(資産益)などで、「分かる」「何とか分かる」と答えた割合の合計はそれぞれ9・2%、22・2%だった。

 生活に必要な情報を何から得ているか(三つまで選択)は、パソコン(インターネット)が29・8(01年度比17・2ポイント増)に達し、特に30代(55・0%)と40代(47・4%)で01年度比30ポイント以上増えた。新聞は76・6%(01年度比10・5ポイント減)、テレビは86・0%(同6・6ポイント減)だった。

9/6【追記】
〔全体・過去の調査との比較〕
 「美しい日本語」というものがあると思うか、それともそうは思わないかを尋ねた。
「あると思う」と答えた人は87・7%となっている。過去の調査結果(平成13年度調査)と比較すると、「あると思う」は3ポイント増えたが、全体の割合に大きな変化はない。

 あると思う ないと思う どちらとも言えない 分からない
  87・7   2・5     8・6      1・2
 【84・8】 【2・4】   【10・7】    【2・1】
 (数字は%、【 】内は平成13年度調査)

 美しい日本語は「あると思う」と答えた人たちに、「美しい日本語とはどのような言葉だと考えているかを尋ねた(選択肢の中から三つまで回答)。

〖全体・過去の調査との比較〗
Japanese_2
〔08年度文化庁「国語に関する世論調査〕(数字は%) 
 ■どちらの意味だと思う?
     ◎が本来の意味


「時を分かたず」
 ◎いつも                   14・1    
  すぐに                   66・8

「破天荒」
 ◎誰も成し得なかったことをすること      16・9
  豪快で大胆な様子              64・2

「御の字」
 ◎大いにありがたい              38・5
  一応、納得できる              51・4

「敷居が高い」
 ◎相手に不義理などをしてしまい、行きにくい  42・1
  高級過ぎたり上品過ぎたりして、入りにくい  45・6

 「手をこまねく」
 ◎何もせずに傍観している           40・1
  準備して待ち構える             45・6

 ■どちらを使う? 
     ◎が本来の言い方
 「チームや部署に指示を与え、指揮すること」
 ◎采配を振る                 28・6
  采配を振るう                58・4

 「目上の人に気に入られること」
 ◎お眼鏡にかなう               45・1
  お目にかなう                39・5

 「よく分かるように丁寧に説明すること」
 ◎噛んで含めるように             43・6
  噛んで含むように              39・7


|

« 酒 二題 | トップページ | 女性の強制採尿に男性警官が関与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/46129506

この記事へのトラックバック一覧です: 文化庁「国語に関する世論調査」平成20年度:

« 酒 二題 | トップページ | 女性の強制採尿に男性警官が関与 »