« 生物多様性って | トップページ | 「Twitter」って何? »

2009年8月11日 (火)

クロマグロ取引禁止案

 毎日新聞(8/11)から、《 》内は私見。
 野生生物の国際取引を規制するワシントン条約で大西洋クロマグロの取引禁止が浮上したのは、国際的な環境保護団体の危機感が背景にある。日本などマグロの消費、生産にかかわる国々は「大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)で漁獲を管理すべきだ」として反対しているが、規制に消極的だったフランスが賛成に回るなど、環境保護派の発言力が強まっている。取引が禁止されれば、国内で出回るクロマグロは半減するとみられ、庶民にとってはますます「高根《ママ》の花」になりそうだ。

 大西洋(地中海を含む)クロマグロを、絶滅の恐れがある野生生物を保護するワシントン条約の対象に加え、国際取引を全面的に禁止する動きが浮上している。2010年3月にカタールの首都ドーハで開かれる同条約締約国会議に向けモナコが提案し、英仏独、オランダなど欧州諸国が賛意を示している。日本は年間約4万トンのクロマグロ消費量のほぼ半分を大西洋産に頼っている。取引が禁止されれば、品薄や値上がりなどの影響は必至だ。

 参照 マグロは食べられなくなるのか 08/12/
    大西洋クロマグロ 漁獲量2割削減 08/11/
    アイスランドの商業捕鯨と、日本のクロマグロ、ミナミマグロ 06/10/

《何度も書いてきたが、私にとってはクロだろうとミナミだろうと、食べられなくても何ということはないし、幾ら値上がりしても一向に構わない。魚なら他に幾らでもいる。また、クロマグロも回遊魚にこだわらなければ、これからは養殖ものが市場に出回るのも遠くないだろう。なければないでそれに見合った生活をすればよいことだ。》

 クロマグロは乱獲により資源状態が悪化している。これを受けモナコは7月、「絶滅の恐れがある種」に分類して取引を原則禁止する案を関係国に提示した。締約国会議で3分の2以上が賛成すれば可決される。

《日本は「食文化」といいながら、クジラで、今度はマグロで世界を敵に回したようだ。クロマグロに至っては全漁獲量のほぼ9割が日本人の胃袋を満たすための乱獲になっている。そして、最高級魚といいながら、大衆食堂の回転寿しで並の魚として扱われ、大量消費の対象になっているのが現実だ。高級魚なら高級魚らしい扱いの消費の道があるだろう。》

 取引が禁止されれば、日本の遠洋漁船が大西洋でクロマグロを獲ることもできなくなる。野林水産省の井出道雄事務次官は10日の定例会見で「地域漁業管理機関で管理すべきだ」と述べ、ワシントン条約による規制には反対する姿勢を示した。

 日本が輸入する大西洋クロマグロは、地中海で水揚げされる「畜養」が中心。幼魚を獲って生簀で育てる方式で、クロアチアやマルタ、スペインなどの地中海諸国でここ10年ぐらいの間に盛んになった。06年の水産庁の統計では、この3カ国で日本のクロマグロ供給量の約3割を占める。比較的安価な上、トロを多く含むことから急速に普及した。

 しかし、幼魚を獲るため資源への悪影響が大きい。ICCATは昨年11月に東部大西洋と地中海のクロマグロ漁獲枠(08年は2万8500トン)を09年は2万2000トン、10年は1万9950トンに削減することを決めた。専門家でつくるICCAT科学委員会は、1万5000トンへの削減を勧告した。しかし、畜養にかかわる地中海諸国などの反対で削減幅が圧縮されたため、環境保護団体の反発を招いたとされる。

 今年も11月にICCAT年次会合が予定されているが、この会合で漁獲規制を更に強化できるかどうかが、ワシントン条約締約国会議の行方を左右することになりそうだ。

 一方、国内で取引される輸入クロマグロの価額は昨秋以降、景気悪化で低迷している。東京中央卸売市場の月平均価額は昨年8月の1キロ3627円から12月の2122円まで急落。その後は持ち直し傾向を見せているものの、2000円台にとどまっている。東京都品川区のすし店主(62)は「クロマグロは主力商品。資源が悪化していると言っても、絶滅寸前なんてことはないはず。値下がりしても注文は増えていない。この上、値上がりはしないでほしい」と話した。

《小さな海の地中海に頼らなければならないほど、世界の海からクロマグロが減っていることが問題だ。ほかに食べる魚がないのなら別だが、絶滅してからでは遅い、将来十分な漁獲量が可能になるまでしばらくの間日本人もクロマグロを食するのをひかえるがいい。》

 

|

« 生物多様性って | トップページ | 「Twitter」って何? »

コメント

ココログニュースのリンクを通じて飛んできた者ですけど、実際にはクロマグロと称して流通されているマグロは、ミナミマグロという安価でかつ供給過剰なマグロで、逆に本物のクロマグロというのは、100g1万円するらしくて、とても回転寿司なんかじゃ食べられない高級魚なんだそうです。
ですから、この記事のことは、あまり鵜呑みにしないほうがいいと思いますよ。


投稿: | 2009年8月15日 (土) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロマグロ取引禁止案:

« 生物多様性って | トップページ | 「Twitter」って何? »