« ヒアルロン酸、しわ取りの自己注射はダメ | トップページ | 賞味期限の見直し »

2009年1月14日 (水)

法二題

毎日新聞(1/14)から、 《 》内は私見
 一、 禁煙条例(神奈川県)
 全国で初めて民間施設も規制対象とすることを目指してきた神奈川県の公共的施設受動喫煙防止条例(仮称)について、松沢成文知事は13日、パチンコ店などは規制対象外とする条例素案の修正案を発表した。関係業者の猛反発に譲歩した形で、当初方針の全面禁煙化から大きく後退した。

修正案によると、規制対象のレストランなどは、禁煙か分煙かを選ばなければならない。だが、パチンコ店のほか、県内飲食店の約7割を占める面積100平方メートル以下の小規模店、麻雀店、キャバレーなど、は対象外とし、受動喫煙対策は「努力義務」にとどめる。喫煙者の割合が特に高いこれらの店舗を外したことで、条例は事実上「骨抜き」になった。

《「骨抜き」ではない。自然の成りゆきだ。素案を出した最初から愛煙家いじめでしかなかった。愛煙家も禁煙家も趣味嗜好に関しては同格で選ぶ権利を持っている。一方的にいずれかを迫害することは許されないのは当然だ。かく言う私は喫煙しなくなって16年以上が経過した。吸わないことは私の勝手だ。だから吸う人を迫害しようとは思わない。分煙ならまだしも、全面禁止とは嫌煙家の勝手に過ぎることだ》。

修正理由について松沢知事は、急速な景気悪化を挙げ「中小企業者を守らなけければならない」と説明。分煙対策などで施設改修する場合には風営法により一時休業せざるを得ないことにも配慮したと述べた。施行3年後の条例見直しの際、規制対象にするか検討するという。

《何と言う恥ずかしい勝手な言い訳だ。人の身体、健康、命を守るためとのことで全面禁煙条例を発表したはずだ。これらは2の次で良いということか。中小企業者にも家族があり、生活がある。そんなことは景気が悪かろうと良かろうと当然のことだろう。単なる変節の言い訳でしかない》。

松沢知事は昨年4月、不特定多数が出入りする民間屋内施設の全面禁煙化をする条例の制定方針を掲げた。だが、業界団体や県議会から批判が相次ぎ、同9月の骨子案では分煙を容認。さらに同12月に示した条例素案では小規模飲食店の規制を3年間猶予すると、譲歩を重ねていた。

《せっかく多くの条例を作文しても、守られていないものが多々ある。いつも引き合いに出すが、神奈川県にある18歳未満の青少年の11時以降の夜間外出禁止条例など、最たるものだ。何も手を打たないことで犯罪や事件が減ることがない。守らなくても許される法ならなくても同じだろう》。

 二、 道路交通規則
 携帯電話でメールを打ちながら自転車を運転すると5万円以下の罰金だ。警視庁が昨年6月、交通マナーなどを定めた「交通の方法に関する教則」を改正し、自転車運転中の携帯電話の使用を禁止した。教則に法的拘束力はないが、これを踏まえて、各警察本部は罰金を盛り込んだ道路交通規則の改正に乗り出した。兵庫、秋田、徳島、岩手県に加えて昨年12月に大阪府や宮城県、青森県、1月からは熊本県も改正。自転車運転のマナーが悪化し、事故が増えていることが背景にある。

《淋しい話だ。自転車だけではない、自動車運転中の携帯電話使用も未だになくなってはいない。殺人、子殺しに、おれおれ、払い込め詐欺、飲酒運転による事故等々。その昔、世界に知られた礼節の国日本はどうなったのだろう》。

自転車関連の死亡事故は、高齢者が亡くなるケースが目立っている。07年10月、大阪市淀川区の交差点で、横断歩道を歩いていた80代の女性が、信号無視で走ってきた自転車にはねられて死亡した。同5月には、大阪市東淀川区で2台の自転車同士が正面衝突し、70代の女性が死亡した。

大阪府警によると、府内の交通事故件数はこの10年間で減少傾向にあるが、自転車関連事故が占める割合は、26・5%(98年)から31・3%(07年)に上昇した。中でも自転車対歩行者、自転車対自転車の事故は07年に計678件発生し、10年前の約7倍に増加した。

府警は05年から、自転車の安全教育や取締り強化など自転車総合対策に取り組んでいる。今回の道路交通規則改正もその一環となる。
 ♦携帯電話で通話やメールをしたり、携帯音楽プレーヤーの液晶画面を見ながら自転車を運転
 ♦イヤホンやヘッドホン、カーオーディオなどで大音量の音楽を聴きながら自転車や車を運転
を禁止し、違反者に5万円以下の罰金を科す。

03年から危険な運転者に交付している「自転車安全指導カード」の指導項目にも携帯電話を加えた。自転車版「イエローカード」のようなもので、対象者の住所・氏名や指導した危険行為を記入して注意を呼び掛ける。07年の交付件数は35万9928件と、03年の約14倍に激増している。

府警が規則改正前の昨年7〜8月の3日間、通勤時間帯に府内3カ所で行なった調査では、自転車1380台のうち、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴いていたのは214台(15・5%)に達し、携帯電話で通話やメールをしていたのは50台(3・6%)だった。府警交通部は「大阪は保有台数も多いが、ルールやマナーを無視した運転者が目立つ」と分析している。

自転車安全利用5則](警視庁作成)
 1、車道が原則、歩道は例外
 2、車道は左側を通行
 3、歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 4、安全ルールを守る
   ▽飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ▽夜間はライトを点灯
   ▽交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 <改正された点>
   ▽運転中の携帯電話は禁止
   ▽大音量で音楽等を聴きながらの運転は禁止
 5、子どもはヘルメットを着用

罰金を科すのは注意しても聞かない悪質なケースに限られる。兵庫県では昨年7月に同様の改正をしてから11月末までに警告は1万5200件あったが、罰金に至ったケースはまだない。しかし、警察庁は都道府県警に道路交通規則の改正を求める通知を出しており、「今後、自転車運転中の携帯電話使用を禁止する都道府県は増える」(広報室)とみている。

事故防止に向け、自転車のルールやマナー違反への対応は一層厳しくなりそうだ。

《12日の「交通死者減少」のおりにも触れた。今の日本では法を守らない人間には、悲しいことだが、厳罰でしか糾す方はないのだろうか》。

|

« ヒアルロン酸、しわ取りの自己注射はダメ | トップページ | 賞味期限の見直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/43739717

この記事へのトラックバック一覧です: 法二題:

« ヒアルロン酸、しわ取りの自己注射はダメ | トップページ | 賞味期限の見直し »