« フリースクール 少女虐待 - 2 - | トップページ | 教育予算 日本最低 »

2008年9月12日 (金)

神奈川県 禁煙条例骨子案公表

Dscbee14a

読売新聞(9/10)から
 神奈川県は9日、不特定多数の人が利用する施設を対象に、全国で初めて室内での禁煙や分煙を義務づける受動喫煙防止条例の骨子を公表した。当初は、該当するすべての施設を全面禁煙とする方針だったが、レストランや居酒屋などは、仕切りを設けて分煙することも認め、喫煙率が高いナイトクラブやバー、パチンコ店などは、義務づけを3年間猶予する。今年度中に制定し、半年間の周知期間を経て施行する。

骨子案では、学校や病院など公共性の高い施設のほか、劇場や結婚式場、百貨店など大勢が集まる施設は原則禁煙とし、喫煙ルームでの分煙も認める。レストランや居酒屋、ホテルなどの商業施設は、禁煙か、仕切りによる分煙かを選択できる。施行から半年後の罰則適用を目指すという。

《先に断わっておく。私がたばこを嗜まなくなってから17年が経過した。健康を考えたためではないし、ただ何となく吸わなくなっているだけだ。
 神奈川県の禁煙条例は、7月に素案が提出されてからちょうど2ヶ月が経つ。片方では嗜好品としてせっせと売り出されているものを、法で罰則までつけて完全規制する愚を、分煙こそ望ましいと、当時のブログで書いた。骨子案では分煙の選択を残したようだ。》

《神奈川県はいろいろと条例もあるようだが、その中の一つ、18歳未満の青少年の深夜(午後11時〜翌午前4時)外出禁止条例を早くから導入しているが、守られていることはない。多摩川河川敷の酒を飲んでのどんちゃん騒ぎ、暴走族、海岸での飲食、大騒ぎ、花火など条例などないも同然の有り様だ。禁煙ばかりが守られるとはとても思えない。》

ここに、よその国の話だが、神奈川県の、いや日本国の喜びそうな数字がある。
毎日新聞(9/12)から
たばこ規制を実施した米カリフルニア州で医療費が15年間に860億ドル(約9兆円)削減できたことが、カリフォルニア大の試算でわかったというもの、この間に州が投じた規制のための費用は18億ドル(約1900億円)で、約50倍の投資効果があったことになる。研究チームは「規制は即効性があり、効果も大きい」と分析する。

州の規制は1989年に始った。他の州に先がけて、施設内の分煙などに取り組んだ。また、喫煙者だけでなく、副流煙で周囲の人にも健康被害が及ぶなどの影響をメディアを通して訴えた。

研究チームはカリフォルニア州と、00年まで総合的なたばこ規制を実施しなかった他の38州の医療費などを比較。心疾患や肺癌などの患者が減り、04年の医療費は89年に比べ7・3%減の860億ドル節約できたと分析した。一方で、この間のたばこ販売量は36億箱分減り、たばこ企業にとっては92億ドル(約9700億円)の収益減になったとしている。

世界保健機関(WHO)は、世界で大人の約1割がたばこを原因とする病気で死亡していると推定し、「たばこ規制は最も死を防ぐことができる手段」と訴えている。

Heikin_2《カリフォルニア大の数値がどこまで信頼できるデータかは分からない。
 2006年の平均年齢をみても、
平均寿命82・3歳の日本に比べ、
全土が禁煙の英国で79・0歳
カリフォルニア州で77・9歳

2006年以前との比較は必要だが、
これでどれだけの死を予防できているのだろうか。イギリスとは3・3歳、アメリカとでは4・4歳の寿命の差があるのだが。》

日本で禁煙運動を進める市民団体「たばこ問題情報センター」(東京)は「規制の有効性を改めてしめした。カリフォルニア州は、たばこ問題に専従で取り組む担当者を置き、その姿勢が全米に広がった。最近でこそ、神奈川県で禁煙条例制定の動きがあるが、日本とは意気込みが違う」と話す。《羨ましがるほどのことでもないと思うのだが。》

神奈川県絡みでもう一つ。
読売新聞(9/12)から
 神奈川県は、児童買春の温床とされる「出会い喫茶」へ18歳未満の入店を禁止する県青少年保護育成条例改正案を9月定例県会議に提案する。松沢成文知事が11日、記者会見で発表した。京都府も同様の条例改正案を9月府議会に提出予定だという。出会い喫茶は風営法の対象外で、可決されれば規制する全国初の条例となる。

県条例改正案は、18歳未満の青少年の入店や勧誘を禁じ、違反すれば、6月以下の懲役または30万円以下の罰金を科す。県への営業届け出を求め、怠れば、20万円以下の罰金とするなどの内容になる。

出会い喫茶は、男性客は入会料や入場料が必要だが、女性客は飲食代などが無料となっていることが多い。男性客が気に入った女性客を指名し、話が合えば店外デートに連れだせる。松沢知事は「児童買春の舞台となっており、看過できない」と話した。

《何にしても遅い。早くから指摘され、児童売買春の温床になっていることは知られていた。それでも手を付けないよりは益し、という程度のことだ。これも四六時中監視することもできず(せず)、闇討ち同様の摘発騒動になるのは、麻薬や暴走族の取締りと同じことになるのが落ちだろう。》

|

« フリースクール 少女虐待 - 2 - | トップページ | 教育予算 日本最低 »

コメント

細かい指摘で申し訳ないが、イギリスとは3・5歳、アメリカとでは4・6歳の寿命の差 なのでは?

投稿: 吉城 | 2008年9月13日 (土) 07時41分

http://blogs.yahoo.co.jp/yatuasagitarou/43648801.html

こんな情報もあります。
エンドポイントが総死亡ではないですが、
冠疾患の入院ですから、医療費や、健康
という視点からは大きな研究報告ですね。

投稿: TRX850 | 2008年9月13日 (土) 08時09分

吉城さま

ご指摘ありがとうございます。
他事ながら、本日午前中に老人運転者の適正眼鏡検査の準備
を済ませたばかりでした。

比較データの写しから間違っていました。
日本は   82・3歳
したがってイギリスとの差 3・3歳
     アメリカとでは 4・4歳
が、正しい差の数字となります。

訂正線では見苦しくなりますから、本文数字を訂正します。

ご指摘ありがとうございました。

投稿: 小言こうべい | 2008年9月13日 (土) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/42454179

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県 禁煙条例骨子案公表:

» 「松沢成文」についての最新ブログのリンク集 [話題のキーワードでブログサーチ!]
松沢成文 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 22時10分

« フリースクール 少女虐待 - 2 - | トップページ | 教育予算 日本最低 »