« クラスター爆弾規制 米が英独加に警告 | トップページ | 「清徳丸にも重大な過失」 »

2008年3月 8日 (土)

朝令暮改

携帯電話、自転車でもダメ! 07/12/27

朝令暮改を地でいくことが起こった。「朝令暮改」は、朝出した法令を、夕方にはすぐに改めるという、ころころと変る当てにならないことを行なう指導者の信条のなさを表わした言葉だ。しかし、10年一昔の時代にはそれでも良かったのだろうが、日進月歩の現代の世には、逆に頑迷固陋(がんめいころう)で進歩の足枷となることも多い。判断を誤れば、一瞬にして企業は潰れることだって起こる。「過ちては改むるに憚ること勿れ」だ。もっと言えば君子豹変だろうか。

上のブログに書いた「交通の方法に関する教則」で30年ぶりに抜本改正を目論んでいた、自転車の前かごと荷台の両方に幼児を乗せる「3人乗り」について、警察庁が容認の方向で検討を初めていることが分かった。母親たちからの要望が相次いだためだ。しかし、3人乗りでも安定走行ができる自転車の使用が前提となる。

《ちょっと待てよ。3人乗って安定走行の可能な自転車ってどんなのだ。幼児の補助輪のような大きい補助輪でもつけろということだろうか。》

同庁は4日、社団法人「自転車協会」などに3人乗り対応の自転車の開発を要請した。

《なんだ、警察は何も具体的な自転車の構想までは描いてないんだ。これでは随分時間が懸かりそうだよ。》

都道府県公安委員会の規則では、幼児用座席に6歳未満の幼児を1人乗車させることが認められ、東京都では加えて幼児を1人背負うことが認められている。同庁は今春、30年ぶりに見直し、3人乗りは危険だと盛り込む方針だった。

ところが母親たちから容認を求める声が相次ぎ、再検討を迫られた。3人乗りでも安定走行できる自転車が開発されれば、公安委員会規則を改正し認めることにした。

《初めから、考え方がおかしい、出生率を上げれば子だくさんになる。どこのお母さんも、乳幼児を他人に預けるわけではない。孤軍奮闘のお母さんだってたくさんできる。今でも3人乗り(自転車の前後、お母さんの背中の4人)が現実にある。それがダメとは警視庁は街でいったい何を見ていたんだろか。朝令暮改、大賛成だ。》

|

« クラスター爆弾規制 米が英独加に警告 | トップページ | 「清徳丸にも重大な過失」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝令暮改:

« クラスター爆弾規制 米が英独加に警告 | トップページ | 「清徳丸にも重大な過失」 »