« 親への啓蒙は無駄と知るべし | トップページ | 転換迫られた日本だが »

2007年9月 6日 (木)

愛したい

久し振りに“愛したい”を取り上げる。日々悶々の高年齢女性たちの相談事だ。
今回は38歳の茨城県在住の公務員からの相談。

「気がついたらこの年齢になっていました。ずっとこの人だという人に出会えず、それをいいことに仕事にのめり込み、忙しさを言い訳にして独身を通してきました。5年前に一回り以上下の方から結婚を前提にした交際を申し込まれ、悩んだ末にお付き合いを始めましたが、2年目に断わられました。話し合いながらやり直そうとしたのですが、うまくいかず、泥沼の中、自殺未遂騒ぎを起したこともあります。今、一人でいることに慣れません。今さら出合いもチャンスもありません。生きることが不安です。」

《とても40歳になろうとする女性とは思えない、初々しく初めて恋を知った弱々しい乙女のような文章だが、どうか哀れと思し召せ、とでも言っているようだ。》

相談を聞いて回答するのは、43歳で猿回しで知られる村崎太郎氏(46)と11月に挙式を控えているフジテレビのドラマ製作で活躍しているプロデューサー・栗原美和子。
 『38歳で「この先出会いのチャンスがない」なんてあり得ない。そう言い切ってしまうことが間違っています。チャンスはありますよ。』

《栗原は、自分自信も掴んだチャンスを後ろ楯に、はっきりと言い切る。確かに相談者の年齢は、待ちに待った熟年離婚を勝ち取って、次の男を探す女性たちの年齢からすると、羨むような年齢と言えるかもしれない。また、紙面上の文面ではうかがえないが、相談者は東京と地方の違いにも境遇の引け目を持っているようなのだが。》

『東京と、自分が住んでいる地域では事情が違うということもありません。東京は人はたくさんいますが、その分“スカ”の絶対数も多いので、スカにも出会いやすいのです。』

《そのとおり、男も女もスカの多いのは都会のならいだ。》

『だいたい30代独身は今やあたりまえ、そういう女性は山ほどいます。「仕事が忙しくて気付いたらまだ独身だった」というのは普通のこと。卑下することでも、自慢することでもありません。仕事に一生懸命だったなら「それはいいこと」と良しとしましょう。言い訳すること必要はありません。』『交際して2年目に「結婚相手ではない」と相手が気付いたのは、良かったと言えます。結婚してから気付くよりいいでしょ。前向きに考えることが大事です。それによく言われることですが、結婚は勢いとタイミングです。』

《仕事に一生懸命で、気がついたらこの年って、本音? 異性や結婚のこと考えたことないの? そうではないでしょう。33歳にもなって、20歳やそこらの男に騙されるなんて何を急(せ)いていたのかな。もの欲しげに周りをキョロキョロ見ている女性がいれば、その年齢の男にとっては願ってもないカモだ。遊び半分で付き合える絶好の相手ということになる。第1、その年齢の男性が例え「結婚を前提に」と口にしたとして、どのように食べて行くことが可能なのかは考えるまでもないことと分るはず。髪結いの亭主よろしく面倒を見ていく覚悟をしていたのか。まして一回り以上も年長の女性が真剣になればなるほど、男は身勝手にも自信を抱く。遂にはその自信を若い女に試すべく次のターゲットを狙う。栗原のいうスカ男だ。》

『「30代半ばにしてちょっと刺激のあるいい体験をさせてもらった」と思いましょう。今すぐ次の恋をすればいいとは言いません。マイナス思考は止めましょう。栗原自身は、「だったらこの仕事を想定以上にいい結果にしてやろう」「何が自分に欠けていたのか分析しよう。足りないところを補ううちに、また別の人が現れる」と考えてきたのだという。そして相談者に問いかける。「結婚したいのか、恋愛がしたいのか」と。30代半ばですから、結婚したいのであれば、お見合いをしたっていいでしょう、交際期間をリトマス試験紙と考えて、合わなければ見切りをつければいい。けれど、年下の彼に振られてからのご自身は、必要以上に悲劇的な気分に浸り「恋愛したい女」の言動が目立つように思います。』

《栗原も分かっている、相談者は同情を寄せてもらえることを予想してことさらに悲しい文章を綴っているのだ。晩婚化が進んで女の適齢期は23歳なんて時代があったことさえ思い出せない。それよりも適齢期なんて言葉さえ死語になって熟年結婚さえ花盛りだ。35歳で滅入ることはない。多くの世の男どももスカを摘んで何度も何度も失望し、それでも見つからずチャレンジする人間もいるのだ。》

そして『誰でも生きることに不安を抱えています。「一人でいることがつらい」といって「誰でもいいから一緒にいてほしい」と燃えますか? 気の合わない誰かと一緒にいるのは、一人でいるよりもっとつらいのでは。不安をエネルギーに前へ。そうして進んでいくうちに出合いはあるものです。』と結ぶ。

《目覚めて初めての男女が結婚できるなど、極めて珍しいことだろう。文面どおりに受け取れば、20歳そこそこの男には、自分の年さえ忘れるほどの仕事熱心な女性はかた苦しかったことと思う。その上結婚を迫られては怖くもなったであろう。いくら年の差結婚流行りとはいえ、生活力のない男を相手にしては、最初から泣きを見る覚悟はしておくべきだったろう。これから先のことを流行りついでに言えば、生涯未婚というのも選択肢としては残されているが・・。》

|

« 親への啓蒙は無駄と知るべし | トップページ | 転換迫られた日本だが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/16362328

この記事へのトラックバック一覧です: 愛したい:

» 縁結びビジネス [盛山の日記]
親同士で「代理お見合い」 結婚くらい自分で決めたいですよね。 そこまで過保護な親ってどうなのでしょうか [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 11時15分

» 【結婚出来ない男】お見合い結婚は悪くはないですよ! [結婚出来ない男と女!結婚相談所裏ブログ!]
『結婚は恋愛でするものだ!!』 このように勝手に決め付けている男女が意外と 多いように思えます。 ですが、誰がそのように決めたのですか? 結婚は、確かにお互いの尊重がないと出来ません。。。 ですが、結婚するのにルールはありません。 結婚出来ないと嘆いてる方は、意外とこのことに 自らを縛り付けている方が多いのです。 なので、ここは頭を一度やわらかくしてみてくだ�... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 01時37分

» 彼女のいない独身男性が結婚する方法とは? [独身男性が結婚する方法]
真面目な独身男性の皆さん、お待たせしました!真面目な恋愛結婚マニュアルです。 [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 14時23分

» 結婚相手の選び方 [こころの研究]
今日は女性の結婚相手の選び方にちょっとコメント。 ---------------------------------- 若年層の晩婚化・非婚化も予想以上に進展したので、正社員の女性であれ、派遣社員の女性であれ、人生の長い期間を自分で稼いで、自... [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 13時23分

» LEDキャンドル★ストロベリーキャンドル★ [enyshop ~LEDキャンドル専門店~]
MOV02147.MPG★ストロベリーキャンドル★裂日本初入荷の本物のロウを使ったLEDキャンドル♪裂これからのハロウィン・クリスマスには最適です♪裂一度手に取って見てください。この温もりある光を♪お問い合わせenyshop@yahoo.co.jp... [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 03時04分

» 晩婚;30代、40代での結婚 [晩婚;30代、40代での結婚]
若い女性と交際したい、結婚したいって思っている40代男性、多いんでしょ?でも、若い娘が若い男性にしか興味がなければ。。。ですよね?。ところが意外と中年男性のことが好きな20代の女性っているんですよね(^^ゞ40歳すぎて20代前半の嫁さんはないでしょう〜??? [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 13時04分

» 30代40代の結婚って、どうなの? [30代40代の結婚って、どうなの?]
30代40代の結婚って、どうなの? [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 08時57分

« 親への啓蒙は無駄と知るべし | トップページ | 転換迫られた日本だが »