« 話 二つ | トップページ | 一人で朝食を »

2007年5月15日 (火)

遺憾なこと

懸念していたことが実際に起った。今月10日に国内で初めて運用が始まった熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」に、開始初日の同日午後3時ごろ、3歳とみられる男児が預けられていたことが分かった。懸念されると同時に危惧もされ、恐れてもいたし、反面、現在の風潮から予測もされ、前もって警告までされてはいたが、現実に捨て子を突き付けられては驚かざるを得ない。

最も心配されていた保護遺棄事件だ。分かりやすく言えば『子捨て』だ。病院側も新生児が念頭にあっただろうが、初日から犯罪が発生するとは考えていなかっただろう。慈恵病院は運用開始時点で「人権団体から赤ちゃんの人権に配慮し(公表について)非常に厳しい反対意見が寄せられている」として「ポスト」の利用状況については6カ月後に利用の有無と件数、性別と健康状態などについてのみ公表するつもりだったという。

関係者の話によると、男児は自分の名前と、年齢を「3歳」と答えており「新幹線に乗って、お父さんと(病院に)来た」と話した。健康状態は良好だという。

今日15日午前、病院は「もし(こどもが預けられたのが)事実だとしても、そうでないとしても、医療人としてはコメントできない」とする理事長のコメントを出した、という。思わぬところで安倍のお株を取ったような言い種だ。「あったかどうか、なかったとも言わないよ」と。犯罪行為と知った上のコメントとしては無責任極まる発言だ。

カトリックとして宗教上の戒律(守秘義務)で言わないのではなく、「医療人」としてだそうだ。それは法治国家の病院の責任者としておかしい。本来の目的の嬰児を引き取るのではない。子を捨てた犯罪者を守ることは許されることではない。嬰児のためのポストにしても、国は制度として認めたものではない。理事長の志しを酌んだ配慮の結果の開設だった。当然ながら今回の幼児遺棄については厳しい指導がされなければいけない。

塩崎官房長官は3歳とみられる男児が預けられたことに関し、「あってはならないことだ。親は子どもを育てる義務があり、遺憾なことだと思う。当然、児童相談所などが対応しなければならない」と、15日午前の記者会見で述べた。

児童福祉法によると、監護する保護者がいない状態の児童(要保護児童)が発見された場合、警察などからの通告を受けて児童相談所が一時保護することになっている。今回、3歳児が預けられたケースについて熊本県中央児童相談所は「個別事案は言えない」とした上で、「一般論としては、2カ月間ほど保護した後、保護者が名乗り出れば子どもを帰す。名乗り出ない場合は県内に12ある養護施設に移すことになる」と説明している。

子どもを捨てて犯罪ともならず、この程度で済ませられるのでは、これを切っ掛けに安心して子捨てが続くことが一層心配される。「子どもの命」の掛け声が免罪符となり、安っぽい人情論が横行してカトリックの救済が悪用されることにならなければよいが。

参照 赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」06/11/23


|

« 話 二つ | トップページ | 一人で朝食を »

コメント

こんばんは。ペケコです。(´v`)

この記事を読んでびっくりしました。
初日からしかも、3歳の子供を堂々と捨てにくる恥知らずがいたんですね。。。
当分は利用されないと踏んでたんですけど。。。
3歳っていったら物心ついてますよね。
ひどいなぁ。。。
せめて1歳までとか年齢制限かけないと、こういったバカ親は、3歳までなら大丈夫なんだとか、4歳でも、5歳でも平気だろうと安易に考えるだろうな。
最悪だ。

投稿: ペケ子 | 2007年5月16日 (水) 01時20分

ペケコさん、今晩は、それともこれからおやすみに?

日本の現在の世情からは、予期しないでもない結果と言えるかも知れませんが、現実に起きたとなるとショックです。ペケコさんの仰るとおり、3歳児を遺棄とはバカ親こそ似つかわしい言葉ですよね。

ただ、先にスタートしたドイツでも、似たりよったりのことが起きているようです。31歳の男性医師が「赤ちゃんポストが1度も使われていなのを疑問に思い」、養育していた1歳8ヶ月になる女児(娘とは書いてありませんが)を預け、警察が保護責任者遺棄として捜査を開始したところ、2日後に事情を知った母親が駆けつけて引き取った例や、売春の結果という複数のケースもあったようです。

その他には、年間では20人以上の新生児が放置されて死亡(病院が機能していない)している現実があって、批判も起っているようです。

おそらくはこれから先、日本も同じような道を辿ることになりそうな恐さを感じます。

投稿: 小言こうべい | 2007年5月16日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/15083552

この記事へのトラックバック一覧です: 遺憾なこと:

« 話 二つ | トップページ | 一人で朝食を »