« 自殺予告さわぎ | トップページ | 今は昔のはなし 2 »

2006年11月13日 (月)

今は昔のはなし

むかし、浮気は男の専売特許のようなものだった。それはもう幻想の時代になったようだ。現代の社会、浮気は女性がたの専売に様変わりしたように思える。

幼い頃からの盛り沢山の情報に埋もれ、性知識を備え、早くから異性を追い掛ける。思春期に入るや売春を覚え、身体で稼いだ金で身を飾る。何をするにも携帯は必要な道具になり、情報の収集や交換は落ち度なく万遍なく整える。‘結婚までは清い身体で’は今は昔のはなし。それまでには性病も含めた十分な経験を積み、フィットする男を捕まえると、お腹を大きくしてから式を挙げる。子どもができるや否や、飽きの来た男から次の男に目が移る。捨てる前にはこれぞといった代わりになるブツを物色済みだ。子どもを連れて出ていったならば早速だ、男と2人して虐待が始まる。マスコミが拾って歩く鼻糞のような話題には事欠かない。浮気に不倫などあって当然の世の中になった。結果産院に駆け込み、引っ掻き出してもらって、さあ、次の浮気だ。来年からは年金の分割制度が発足することになって、一気に離婚の件数が減っている。女性からの問合せが90パーセントにもなっている。年金が手にできるまでは我慢に我慢だ。いやな旦那と縁を切り、真直ぐお見合いパーティーにお出かけだ。それまでは内心でする浮気、不倫で我慢しておこう、という魂胆だ。一緒にお墓に入るのはまっぴらご免だそうだしね。

毎日新聞には、女性週刊誌のような記事が連載のかたちで毎週載る。「恋したい」コーナーだ。すごい相談だ。「自分がほかの人を好きになって離婚したのに、元夫が忘れられない」次の週には「お見合い結婚の夫。尊敬はしてますが、ほかの人への気持ちが抑えきれません」と続く色気違いのような内容だ。先の女性は23歳で結婚、不倫で26歳の時離婚。見つけた新しい男に飽きて元夫に「やり直せないか、という手紙を書いて、その間に連れ合いを持った元夫から拒否にあう。

2人目の女性は33歳。親が厳しかったことで恋愛をほとんど経験せず《ということを理由にして》見合い結婚をした。身体が会わない、受け入れられない《セックスが下手ということか、自分が不感症ということか》と浮気した。相手には28歳と偽ってつき合った。この男にも飽きた。次の男が欲しい。という相談。夫とは夫婦のままだ。

少なくとも腐っても天下の毎日新聞と思うのに、よくもこんなコーナーを設けたものだが、ずっと続いている。今までも男性からの相談はゼロ、相談者の年齢層は30〜40代の女性。皆揃って性に関する相談だ。タイトルの「恋」が泣く。回答者は前にも書いたことがあるが、フジテレビのドラマ制作畠の栗原美和子。この回答も凄い。
「夫婦だから肉体関係や恋愛感情を持ち続けなければならない」と、捕われなくていい。結婚のキープ《ボトルと間違ってるのか》の仕方は、いろいろあっていいと思います。とした上で、「ただ、うそをついて恋することには《え、不倫することだろう》賛成できません。28歳と年齢を偽ったということは、独身と伝えていたのではないでしょうか。相手と夫と両方に対して誠意がない態度です。《ほー、夫には裏切り、相手は不倫、このどちらに対して元々ない誠意を示せというのか》相手の存在が不用意に家庭に知られて、しっぺ返しを喰らうことにもなりかねない。「夫は夫としては素晴らしい人」と相手に告げた上で恋愛をするのが、《栗原にはこれが恋愛か。明解な姦通だろう、姦通罪という罪名はなくなったが、している行為は間違いない姦通だ》この人にとっては一番ストレスがたまらず、精神的な安定が得られる思います。《私の夫は何も知らないのよ、安心して、と言うのがよい、それが相手に罪悪感を持たさないで姦通できる方法と教授なさる。》

そもそも自分を偽っていては、それは恋愛ではなく恋愛ごっこ。もう一人の自分のもう一人の世界で、恋愛ごっこを楽しんでいるだけなのです。自分の置かれている状況や、抱えている問題も含めて愛してもらえることが大事。恋愛相手には本音をぶつけていい。逆に本音を隠してでも長く関係性を維持するのが夫婦で、子どもがいる場合はなおのことです。《むかし、同時に2人の女を愛することができる、とよく男は口にした。そしてそれは顰蹙をかい袋だたきにあった。今は女は夫にはばれないように上手く立ち回り、姦通相手とはうんと楽しむのが正しい恋愛だと教えるのか。》

私の世代は男尊女卑の思想と敗戦後の民主主義とをあわせ持ち、心は戦前、頭は戦後を理解しようともがいて人格形成や価値基準を作り上げて来た。その目には、男は益々弱く頼りなく、女にかしずき、女は男にとって代わって性を謳歌しているように写る。

参照「汝 姦淫するなかれ」06/06/05

|

« 自殺予告さわぎ | トップページ | 今は昔のはなし 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/12672879

この記事へのトラックバック一覧です: 今は昔のはなし:

» トラベル・こどもと一緒 [トラベル・こどもと一緒に旅行をしよう!]
当サイト「トラベル」は、こどもと一緒の海外旅行・国内旅行について情報発信しています。 [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 22時45分

« 自殺予告さわぎ | トップページ | 今は昔のはなし 2 »