« 恐い内閣誕生 | トップページ | 福島県矢祭町と聞けば »

2006年9月28日 (木)

安倍晋三 初の記者会見

26日夜、首相官邸で就任後初の記者会見に臨み、財政再建の模範を示すため先ず「隗よりはじめよ」と自らの給与の3割、閣僚の給与の1割をカットすることを明らかにした。また、07年度予算編成で新規国債発行額を06年度(約30兆円)以下に抑制する方針を公約した。

一見、姿勢を正すようだが、単に国民受けを狙っただけの小手先のものだ。彼らはその程度の給与のカットでは痛くも痒くもない篤い特権が与えられ、サラリーマンがカットされて、驚くような感覚とはほど遠い生活が保障されているのだ。

【特権 】

『国会議員には憲法により3つの特権が認められている。

不逮捕特権(日本国憲法第50条)

両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない
国会法第33条

各議院の議員は、院外における現行犯罪の場合を除いては、会期中その院の許諾がなければ逮捕されない。


免責特権(日本国憲法第51条)

議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問われることはない。

歳費特権(日本国憲法第49条)

両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。
なお、主な内訳は、

月収132万8000円(年間1593万6000円)
歳費手当(つまりボーナス)は年間635万4480円
文書通信交通滞在費は月100万円(年間1200万円)
合計3429万480円の歳費が毎年国会議員1人1人に支払われる。

その他の特権としては、

国会議員はJR全線無料で乗れる(グリーン車も)
航空機には月4往復分無料で乗れる
格安(家賃が10万円以下程度)の議員宿舎

など、優遇しすぎと批判のある特権もある。 』

3割がどれほどのものか。新幹線、飛行機などは乗り放題、安い家賃の官舎に住み、経費で落とせる項目は目白押し。安倍は自ら「美しい国づくり内閣」と銘うって教育再生を政権の最重要課題とし、臨時国会で教育基本法改正案を成立させ、首相直属の「教育再生会議」を設置して具体策を作る考えを示した。

また、成長なくして財政再建なし、を強調し、キーワードとして人材育成、イノベーション(技術革新)オープン(市場開放)などを挙げた。「隗より始めよ」にしろ、イノベーション、オープンなど、国民の多くは安倍が何を言ったのか理解できない人たちが多くいる筈だ。いちいち解説が必要な言葉ではキーワードとしては失格だ。どうして日本語で表現しないのか、知的であることを宣伝しないと心配なのか。

外交面では中国、韓国との関係については具体策がなく、胸襟を開くことが大切だ。両国にも一歩前に出てほしい」とタカの爪を隠した表現で首脳会談を呼びかけた。

|

« 恐い内閣誕生 | トップページ | 福島県矢祭町と聞けば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/12072818

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三 初の記者会見:

» 個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】 [個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】]
個人向け国債(財務省 郵便局 証券会社の募集 キャンペーン情報  個人向け国債の仕組みの基礎知識(利率 金利  利息 保証金 信用取引 メリット 口座開設方法) 個人向け国債について基礎からしっかり身に付けます!! 財務省 証券会社 郵便局 みずほ  キャンペーン  ニュース 募集 金利 比較 利率 口座開設 信用取引 保証金 利息 メリット 仕組み 5年... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 06時21分

« 恐い内閣誕生 | トップページ | 福島県矢祭町と聞けば »