« さもありなん | トップページ | 国家公務員の分限 »

2006年1月 6日 (金)

「国保」滞納世帯30万超

毎日新聞(1/4)から
国民健康保険料の長期滞納を理由に、医療費の全額自己負担を求められる「資格証明書」を市町村から交付され、保険証を使えない無保険者が04年度、全国で30万所帯以上に達したことを報じた。

これは国民皆保健制度のもとにおいて、災害や特別の事情がある場合を除き、国民健康保険法の規定により、国民健康保険証を返還し、資格証明書の交付が義務づけられたものである。
保険料は大きくは4つに分けて割り当てられる。
 ⑴ 所得割額 各世帯の所得に応じて計算
 ⑵ 平等割額 1所帯にいくらと計算
 ⑶ 均等割額 各世帯の加入者数に応じて計算
 ⑷ 資産割額 各世帯の資産に応じて計算
   ♦資産割額は各自治体によって取り扱われる

これに対し、特別な事情がないのに1年以上保険料(税)を滞納している時には悪質だとして国民健康保険証を返還させ(国民健康保険法9条3項)、資格証明書の交付となり、1年未満の滞納者には短期保険証が交付される(国民健康保険法施行規則7条の22項)。「資格証明書」とは国民健康保健に加入しているということだけを証明するもので保険証の替わりになるものではなく、『医療機関の窓口で全額(10割)負担した金額を、保険料を納めてもらったら、後で7割は返済します』という証明書だということになる。

ここでいう悪質とは
 ① 納付相談や指導に一向に応じようとしないもの
 ② 所得や資産を勘案すると十分な負担能力があると認められるもの
 ③ 納付相談や指導において取り決めた保険料の納付方法を、誠意をもって履行しようとしないもの
 ④ 滞納処分を行おうとすると、意図的に差押財産の名義変更を行い、滞納処分を免れようとするもの
などを云う。

新聞は個々の滞納理由を一纏めにし、“行政に縁切られ 患者になれない”と書き、大見出しには“全医療費を自己負担”と書いた。読み進めたがどこにも保険料を納付すれば7割返還がされることは書いていない。逆に私は悪質な未納者を先に取り上げて書いているが、この者たちが全額負担になるのは自業自得、自分で蒔いた種だ。未納することは自由、その結果は自らがうけるのは当然のこと、それが自己責任の取り方なのだから。

しかし、未納者にも言い分はあろう。NHKの視聴料不払いに見られるように、企業の腐れ切った体質に対する精一杯の抵抗とも考えられ、公官庁の巨大な税金の無駄使いや浪費、加えて責任追求をしない政府の無責任さを考えれば一層拒否したくなる。自分の体が健康なうちは納付することは無駄にも思える。何故、健康な俺が、病気1つしたことのない、医者に懸かったこともない俺が、病気ばかりしている奴のために生活費を削らなければならないんだ。正直私も嘗てはそう思ったこともあった。齢(よわい)74、今まで眼病以外に医者に懸かったことはない。会社の健康診断もその後の成人病検査も殆どしたことがない。虚弱児で生まれ、誕生日まで生きるまい、と思われてから今日まで麻疹以外の病気をしていない。一度は戦争で命を失うことを考えた運命を生きた。いつこの世におさらばになっても寿命と覚悟して生きて来た。しかし、この年になって後から来る若者たちの納める税金の世話になるやも知れない思いが強い。

新聞の調査によると、00年度に比べ、04年度は3倍の滞納世帯数になり、景気はやや上向き加減ともいうが、2極分化の傾向も取り沙汰されている。片や慎ましい生活を強いられる母子家庭や無所得者があり、片や700万円、500万円もの高額会員権を手に入れ、ハイテク検診が受けられる富める人たちもいる。

厚生労働省国民健康保健課は「資格証明書の交付は滞納を抑制するという一定の効果は得られている。資格証明書を交付するに当たっての自治体間格差は、それぞれの自治体が個々の事情に応じて対応しているだけで問題はない」としている。

因に「資格証明書」の04年度交付世帯数を多い方から抜粋すると、
 福岡33,724、神奈川32,477、千葉24,405、大阪21,089、北海道17,648、広島13,419、栃木13,226、東京12,947、群馬12,568、少ないところでは沖縄123、長野492、山梨660となっている。

参考までに国民健康保険の加入者でなくなる日は
 ⒈ 他の市町村へ転出した翌日またはその翌日
 ⒉ 職場の健康保険へ加入した日の翌日
 ⒊ 死亡した日の翌日
 ⒋ 生活保護を受け始めた日
 ⒌ 外国人が脱退したとき
 としている。
 


|

« さもありなん | トップページ | 国家公務員の分限 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国保」滞納世帯30万超:

« さもありなん | トップページ | 国家公務員の分限 »