« 1939(昭和14)年 | トップページ | 1941(昭和16)年 »

2005年12月 7日 (水)

1940(昭和15)年

旧年齢で10歳、小学校三年生。男女は別々の教室に別れ、文字どおり席を同じゅうすることなく敗戦を迎えることになる。女の子と机を並べるのは敗戦後の学制改革による新制高校(現行)になるまで実現しなかった。この年は神武天皇が即位してから2600年目に当たり、日本は『皇紀2600年』続く神の国と教えられていた。祝典のための国民歌が発表され、子どもたちは高らかに歌った。「金鵄(きんし:黄金色の鳩)輝く日本の 栄えある光身に受けて 今こそ祝えこの朝(あした) 紀元は二千六百年 ああ一億の胸はなる」歌は景気よかったが、しかし、生活の方は『贅沢は敵だ!』として貧困を強いられ、日々の暮らしを圧迫して行った。

前年ポーランドに攻め込んだドイツ軍は一気にマジノ線(フランス、ドイツ国境を中心にルクセンブルク国境からスイス国境を結ぶ要塞地帯)を突破、パリを陥落させる電撃的な猛攻ぶりでヨーロッパを席巻する。当時マジノ線は難攻不落を誇っていたがドイツ機械化部隊はそれを破り、英仏軍はダンケルクを脱出して辛うじてイギリスへ戻る始末だった。

日本はドイツ、イタリアが共に持つアメリカへの反感を読み、米英が中国へ支援する動きを牽制するため、日独伊三国同盟を結ぶ。新聞は国是に添ってこれを高らかに祝い、八紘一宇(日本書紀の記述が根拠になっている言葉で『あめのした(八紘)をおおいて、いえ(宇)とせんこと、またよからずや』を意味した)の宣伝を受け持ち、国家総動員体制を景気の良いスローガンを並べて底辺から支えた。【因に宮崎の八紘一宇の塔はこの年に建てられたものである】

(その他の出来事)
 1月 津田左右吉の書、「古事記及日本書紀の研究」「神代史の研究」などが発禁処分に
 3月 インド国民会議派が全土で反英不服従運動開始を決議
 4月 生活必需10品目(米、味噌、醤油、塩、マッチ、木炭、砂糖、卵)が切符制になる
 5月 イギリスで挙国内閣(保守、労働、自由3党)が成立。チャーチルが首班となる
 5月 ポーランドにアウシュビッツ収容所が設置される
 6月 イタリアが英・仏に宣戦布告
 6月 ドイツ軍がパリ入城
 7月 既成政党がすべて解散(社会大衆党、政友会、民政党)
 7月 大本営政府連絡会議で時局処理として、実力行使を含む南進政策を決定
 8月 ゼロ戦が重慶爆撃に出動、初の実戦参加となる
 9月 ドイツ空軍がロンドンを爆撃
 9月 3日の御前会議で日独伊3国同盟締結決議、27日ベルリンで調印
10月 ドイツ軍がブカレストに侵入、ルーマニアがドイツ支配下に
11月 フランスで遊んでいた少年たちが偶然1万年前以前のラスコー洞窟の壁画を発見
11月 ルーズベルトが大統領に3選される
11月 10日、紀元2600年祝賀式典が宮城前広場で挙行される

当時軽快なリズムで子供達が無邪気に口ずさんだ歌がある。近所どうしの助け合いを呼び掛けたものである。

   トントントンカラリと隣組み
   格子をあければ顔馴染み
   廻してちょうだい回覧板
   知らせられたり 知らせたり

   トントントンカラリと隣組み
   あれこれ面倒 味噌 醤油
   ご飯の炊き方垣根越し
   教えられたり 教えたり
  
    作詞 岡本 一平
   (彼は‘芸術は爆発だ!’で有名な岡本 太郎の父である)

|

« 1939(昭和14)年 | トップページ | 1941(昭和16)年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/7511491

この記事へのトラックバック一覧です: 1940(昭和15)年:

« 1939(昭和14)年 | トップページ | 1941(昭和16)年 »