豪華絢爛、圧倒される贅沢さ。庭園に面した部屋に17の窓を開け、それを反対側の壁の鏡(何と578面)に写して偽窓としてそれを透して庭が見られる仕掛け。ルイ13世から引き継いだルイ14世(太陽王と呼ばれいる)が当時の最高技術を駆使して造らせ、現在の宮殿に仕上げた。