中世の要塞が17世紀から国事犯を収容するバスティイーユの牢獄として使用されていたが、1789年7月14日の革命の当初、圧制の象徴として市民の襲撃によって破壊された。革命を記念して建てられたのがこの記念塔。(因に日本ではこの日をパリ祭と呼んでいる。)左に見える建物は新オペラ座(オペラ・バスティーユ)。